« 但馬森林植物園撮影記 | トップページ

WindowsRTマシン導入

先日、常用していたノートPCがご臨終になったので導入してみたWindowsRTマシン。
マイクロソフトの「SurfeceRT」というもの。

http://www.microsoft.com/surface/ja-jp/products/surface
Gallery_4_large


現在は最新版の「Surfece2」がでてますが、在庫処分品の初期モデルを見つけてキーパッド付で4万弱で購入。
あれこれ試行錯誤してきましたが、ひとまず使ってみた感想などを。

この「Surfece」というのは、マイクロソフトが出したいわゆる「Win8が走るタブレット」みたいなもんです。
厳密にいうと違うんですけどね。そもそもOSが違う。
通常のWindows8ではなく、WindowsRT8というもののようで、軽量版とでもいえばいいんでしょうかね。
操作に制限はあるものの、ほぼWin8という感じです。ライトユースならこれである程度事足りるといった印象。

最大の特徴は、タッチパネルの本体と脱着できるキーパッド。
キーは見た感じペラペラです。こんなんでホントに打てるのかという感じですが、まあ慣れれば問題ないかと。
キーのタッチはいかんともしがたいので、簡単な短文を打つ程度ならOKかな。
タブレットなので、画面のソフトウェアキーボードでも入力はできます。

Web閲覧はほぼ問題なし。
メールですが、Win8標準のメールアプリだとオイラの契約してるプロバイダのメール仕様では使えないので、Surfeceに標準搭載されてるOutlookを使用してます。

次にWin7からWin8になって大きく変わった「アプリ」ですが、これがちょっとやっかい。
感じとしては、iPhoneのアプリに近い感じで、ソフトウェアはそこからしか導入できないっぽいです。
加えて、WinRTでは実行不可能なアプリも表示されるので、いざ導入してみようとしても「あんたのマシンじゃこれ動かないよ」と言われる。このへんはどうにかならんもんですかねえ?
さらに言うと、そのアプリも一部は日本語に対応してなかったり。
常用してるFacebookのアプリもあるんですが、これがあなた、基本表示が英語なんですわ。

Wirt_ss_001

友達の名前からしてローマ字表記になるわ、コメントしたとか「いいね」したとかの説明も英文。
まあ、だいたいわかるからいいんですが、これもなんとかしてもらいたい。
最悪なのはamazonのアプリ。全部英語なんでやめましたw
Facebookにしてもアマゾンにしても、ブラウザで見れば問題ないんですけどね・・・

面白いのは、マイクロソフト同士ということなのか、Xboxの情報ともリンクしてます。
XboxのフレンドにSurfeceからメッセージが送れたりするのはちょっと感動しました。

なんというか、あくまでもサブのモバイルマシンとしてなら、小さいしわりと軽いし、いいんじゃないかな?

|

« 但馬森林植物園撮影記 | トップページ

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15430/58763823

この記事へのトラックバック一覧です: WindowsRTマシン導入:

« 但馬森林植物園撮影記 | トップページ