« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

夏休み最後の日

というわけで8月31日でござる。

学生の頃はこの日の夜は徹夜でしたなぁ。たまりにたまった宿題を目の前にして唸ってた記憶がよみがえる。そんな夏の思い出も勤め人になってからは無縁。

というわけでもない。

通信教育プログラムを強制的に受講してたのであった。んで、今日が課題提出の締め切り。従来ならこんな日のこんな時間では間に合わねーとかほざいてましたが、今は便利になりましたよ旦那。Webで提出とかできちまうんですよ。

さっき提出完了。
点数とかはわからん、勢いで一気にこなしたし。

つーかさ、社会人になってからの方が締め切りとか厳格ですから。学生時代が懐かしゅうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HDDレコーダ修理

今日は振替休日だったので、先日から調子の悪かったHDDレコーダの出張修理をお願いした。

現れたのは30歳くらいのエンジニア兄さん。
よくしゃべる人だった。

今回、不調になったのはDVDドライブ。
最近のデジタル家電というのは自今診断プログラムというものが内蔵されていて、エンジニアの兄さんがスイッチをごそごそいじると素っ気ないテキスト画面になっていろんな情報が出てきます。なんと、マシンの使い始めからの通算使用時間とかも積算されて記録されてるのね。ちなみにオイラのレコーダでは4000時間ちょいでしたよ。
エンジニアさんの話によると、アバウト5000時間ぐらいがドライブが不調をきたす目安なんだとか。ちなみに、韓流ドラマにハマった奥様方の利用形態がいちばんマシンを酷使するのだとか(笑)。HDDドライブは常に満杯で録ってはDVD-Rに保存、というサイクルを猛烈な勢いで繰り返すのでDVDドライブもHDDドライブもボロボロなんだとか。恐るべし韓流ブーム。

で、その自己診断プログラムでもDVDドライブは問題ないと表示されてしまう。こうなると強制的にドライブをごっそり交換するしかない、ということで新品のドライブに換装。ちなみにドライブはパイオニア製とのこと。まあなにからなにまで自社製品で統一しないといけない決まりもないんでそういうもんなんだろうな。で、このモデルはまだ密閉性が高い製品らしく最近の3万円程度の安物レコーダに使われてるドライブはかなり隙間があるそうで、スモーカーのオイラが使うと速攻でアウトだったかもしんない(笑)。

DVDドライブを交換して設定ごそごそやって試しにディスク入れてみたら正常に作動しました。録画テストもやったけど問題なし。余談を交えながらもテキパキと作業をしてくれたので、1時間ほどで完了。出張修理ということでそれなりの金額を想定してたんだけど、意外とお安くあがりましたよ。兄さん良い人だ。

これで当分はこのマシンでやってけそうです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

どうやら今日は誕生日だったらしい

もういいかげん、どうでも良い年齢になってしまった。

あーそうだよ、来年40だよ。

人生も気が付けば折り返しでしたわい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プリンタも不調

なんか立て続けて不調報告が入る入る。
去年もPCとTVが連続したし、こういうの有りですか?

珍しく写真を印刷しようとしたらとんでもない色合いに。
まあねえ、このプリンタはもう6年くらい使ってるからしょうがないかもしれん、ぼちぼち寿命といってもいい年齢。買い換え時かな~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

HDDレコーダ不調

2年前に購入したHDDレコーダ。
DVDドライブがなにやら調子悪いぞ。

ナマディスク入れても焼き終わったDVD-R入れても市販のDVDソフト入れても「読めねぇよ」と吐き出される。挙げ句の果てにはクリーニング用のDVDディスクすら読まない。これはもういかんともしがたいということでメーカーの相談センターに電話して症状を言うと出張修理となるらしい。

ネットで激安購入したブツなんで補償ないし、あったとしても既に基準の1年は過ぎてる。ここは覚悟を決めて修理せねばならぬであろうということで再来週に来てもらうことになった。

とりあえず、HDDは録画&再生できるのでなんとかなる。しかしここで万が一買い換えとかになると撮りためた功名が辻なんかが全滅しちまうのが辛いところである。修理で復活できればいいのだが、どうだろうね?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お盆休み終了

まったくもって今日からお仕事でござる。
どっかの誰かは10連休だかで大笑い海水浴場で生き埋めになってる頃にオイラは冷房の効かない職場で汗だらだら流しながら黙々とお仕事でございましたよこんちくしょー。

まあそれはさておき。

盆明け初日は比較的やんわりとした仕事量で終了。
その終了間際に上司がふらりとやってきた。

上司「きみきみ、例の職場改善の件はどうなった?」
部下「アイヤー、ネタを買い込むの忘れたアル」
上司「まったくテメェはよぉ、せっかくネタやったのにぃ」
部下「申し訳ないアル」
上司「頼むよ~、君だからこそ任せたんだから」
部下「はい~」

ったく、盆休みは仕事から解放されるためのもんだっつーのによぉ。あーうるせえわかったわかった、ネタ仕入れてくりゃいいんだろーがよ、と、仕事を終えてから車で近所のダイソーに出撃するものの、棚卸しだとかで閉店してやがんの。

往復分のガソリン代、請求してやろうかしら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

終戦記念日

暑い。

小泉首相は靖国神社へ参拝。
TV中継を見てたが、さくっと行ってさくっと帰ってきたって感じ。まあこんなもんかもしれない。その中継画面を見ると雨らしきものが。東京は雨ですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お盆休みはゲーセンに出撃

もうけっこうなオッサンだし、とりたてて用事もなければゲーセンとか行かなくなりましたが、ひとつだけ昔からのお気に入りゲームの新作が出るたびに出没するようです。

対戦格闘ゲームの最高峰、バーチャファイター。そのシリーズ第5弾がこの夏から始動してました。あたしゃ知らなかったよ。同じ対戦格闘で高い人気を誇る鉄拳シリーズもあるんですが、あちらはなんだか人間ばなれしてきちゃったんでやらなくなりました。

ひとまずメインのパイとレイフェイのカードを設定。
しかしまあ、我がパイの弱いこと弱いこと(泣)。
まあね、技とかかなり忘れてるんでしょうがないけど。
パイと違ってレイフェイはなんだか勝手に動いてくれます。
訳わからずにがちゃがちゃやってるとも言いますが(笑)。

ひとまずはまあ、この2キャラで遊んでみましょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブライト艦長に黙礼

声優の鈴置洋孝さん死去 「ガンダム」のブライト艦長役
(朝日)

ガンダムのブライト・ノア役を演じた鈴置洋孝さんが肺ガンのためお亡くなりになられた。享年56歳。

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑くてたまらん

汗びっしょりで起床。

なんかよからぬ夢をみたらしく気分悪い。放射性物質がいきなり職場に登場して臨界おこして被爆しながら死んでく夢だった。時期的な要素もあるんだろうか・・・?

ところで台風は紀伊半島手前で直角に東へ逃げたようで関西への影響はなさそう。かわりに関東・東北に直撃か。ご当地の皆様、お気をつけくださいまし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

F1GP第13戦ハンガリーGP決勝~波乱に次ぐ波乱~

さーて久々のF1エントリだぞこんちくしょう。
あ~ビール飲みてぇ!

ひとまずリザルトは→こちらで確認。

今期初のウェットレースは予選から波乱。
アロンソが他者の走行を妨害したということで2秒プラスのペナルティ。これで顎兄ががぜん有利になるかと思いきや、赤旗中にまさかの追い越しでこちらも2秒ペナ。ドタバタの間隙をついてある種漁夫の利的にポールをとったのがライコネン。顎は12位、眉毛は15位というグリッド。数字だけをみれば、両者の表彰台は絶望的。

濡れた路面でスタートした直後に飛び出したのはライコネン。おお~、今日はやるのか。その後ろで怒濤のマクリをかます顎と眉。気が付けば顎4位に眉6位。おまえらどんな魔法を使った?その最中に山本左近は1ラップもできずにリタイア。おまえもどんな魔法を使ったんだと小一時間。

これで面白い展開に。路面コンディションが石橋よりはミシュランに有利だったのか、顎はタイムが上がらない。粘ったものの眉にパスされ、さらに後続にも抜かれる。挙げ句の果てにはフィジコと接触してフロントウィングを破損。どこかから「フィジコGJ!」という声が聞こえたとか聞こえなかったとか。顎は緊急ピットインで後退。

トップのライコネンがピットに入った隙をついて眉が暫定トップに。追うライコネンはあろうことか周回遅れのリウィッツィに追突。タイヤがもげてあぼーん。ライコ、お前ホントに運なさ杉。マジでお祓いしてもらえって。

このライコの事故でSC導入。
どさくさに紛れて顎が7位まで浮上。

気が付けば眉がトップを走っていたものの、バトンの追い上げから必死に逃げる状態。路面がドライになってきた頃合いを見計らって眉もタイヤを交換するがこれが仇となって駆動系のトラブルでスピンしてウォールに激突。今期初のリタイア。

荒れたレースもここまでくれば顎の大逆転もありなのかと順位を見れば2位!ちきしょー顎しぶといぜ。

しかし顎のMPもここまでだったのか。
2位まで浮上したはいいけど、レインタイヤのままで走りきろうとする顎に対して天候は無情にもドライ方面へまっしぐら。路面はみるみる乾いてきて、残り4周の所で顎のふんばりも空しく後続のデラロサに抜かれる。その顎がスローダウンしてピットに潜り込んで終了。コメントによればハイドフェルドに抜かれた時にトラックロッドを損傷してたらしい。

結局、予選14番手からしぶとく走りきったバトンがF1初優勝。ホンダとしてもすげー久しぶりの勝利ということで、ホンダ関係者やファンは感無量なのかもしれない。

んで、余録をひとつ。

ピットに潜った顎は放送終了時点では9位完走扱いだったけど、なにやら8位のクピカとかいう知らないドライバーのマシンが重量規定違反だとかでリザルト抹消。繰り上げで顎が8位になり1ポイント獲得。

う~ん、やっぱ顎は魔法使いだった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【功名が辻:31】この世の悲しみ

もういっちょいくぞ。

あらすじは→こっち

なんつーか、泣いた。ぽろっと泣いた。
半兵衛や吉兵衛の死で泣くことなかったけど、よねの死というのはオッサンのオイラには堪えた。オイラの年齢なら、よねくらいの子供がいたっておかしくないからなのかもしれない。ドラマの劇中に誰かが死んで泣いたというのは、おそらく「チャングム」のハン尚宮の時以来かもしれない。

千代の喪失感はいかばかりなのだろう・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【功名が辻:30】一城の主

さーて、ビール食らってる父ちゃんが電話してくる前にエントリを書いてしまおう(笑)。

例によってあらすじは→こちら

若造と変わりない3800石じゃやってらんねえ、と腐ってた一豊だったけど、秀次の失態をかばったことでその忠誠度を評価され晴れて長浜城主に。いきなり戦の後詰めで各武将の接待に追われることになったけど千代の采配は抜群。でも城の備蓄米をスッカラカンにしちゃうくらいに大盤振る舞いしちゃったもんだから一豊はビビるが千代がひとこと。

「ここが戦になることは当分ございませんわ、仮に戦になったとしても秀吉様におすがりすればよろしいでしょう」

時勢を読む能力は千代の方が上手だな。

今回、いちばん記憶に残ったのは、ラストで千代とよねが一豊のまわりをぐるぐるしながらはやした「国主さまっ♪」ってのですかね。あ~こういう家族っていいなぁ、と素直に思ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

好事魔多し

今日は宴会があるのだというので、今朝はちょっと早起きして父を車で会社まで送った。いつもより早起きすると時間の余裕とかあってよろしゅうございます。普段と違う景色を堪能しながらいったん帰宅してオイラも出社。

本日の仕事量はそれなりにあったものの、とりたててトラブルとかもなくものすごい勢いでこなしてしまったのであっさりと定時帰宅が叶う。まだ陽のあるうちに帰宅なんて滅多にないので最近は職場でばかり活躍してるデジカメをぶら下げながらのんびり家路へと向かう。まだ太陽が傾ききらない時間帯で、空も赤くなる直前でいい感じの青空がひらけてましたよ。

20060807

さーて仕事も早く終わったし、ひとっ風呂あびてビールでも飲むか~、とザブンと湯船につかった所ではたと思い出す。

宴会に出撃した父ちゃんを迎えに行かねばならなかった。

風呂上がりのビールはおあずけとなりましたとさ・・・orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あの少佐が日産に乗る?

士郎正宗原作の「攻殻機動隊」。押井監督が映画化して一世を風靡したんだけど、その後は「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」というタイトルでテレビシリーズで続編が作られてます。監督は押井さんじゃないけどね。
で、その「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」の新作として「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society」がこのほどリリースされるそうで、その劇中に日産のコンセプトカーがコラボとして登場するそうな。

近未来SFとしてゆるぎない地位を誇る攻殻ですが、デザインとかも未来っぽいのがいろいろ出てて興味深い。その中に、コンセプトカーとはいえ現代デザインの車が登場するのってどうなんだろうという懸念はありますが、そこはまあ、なんとかやってくれるのかもしれない。「インセンス」なんかではあえてクラシックカーが登場してたりしたからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

積水ハウス営業マンが顧客の発言に逆ギレ

差別発言 在日韓国人が提訴へ
(NHK)

「顧客から差別」在日男性が提訴 勤務先も支援 大阪
(朝日)

積水ハウス、全面支援 「差別発言」で社員が顧客提訴
(産経)

はてさて、ことの経緯がよくわからないのでしばらくは経過を見守ることにしよう。それにしても顧客のクレーム処理として逆ギレ提訴ってのは聞いたことありませんな。いざ裁判になって事実がある程度判明してからの各社報道の内容とかが激しく気になります。

ところで、こんな情報もありまっせ。
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/build/1153226939/888
どうなんだろうねえ・・・?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »