« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

今日は鈴鹿8耐

気が付けば鈴鹿8耐の当日である。

去年はヤフーBBのメンバーでなkれば視聴できなかったんだけど、今年はどうやらヤフープレミアム会員にもコンテンツが提供されるとのことなので、ちょっとだけヤフーGJとしておきましょう。

ヤフー・鈴鹿8耐メインページ

ヤフオクとかやってる人ならOKみたいですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【功名が辻:29】家康恐るべし

はい、すっかり遅延のエントリでござますよ。

あらすじは→こちらね。

それにしても、西田敏行の家康ってあまりにもハマリすぎて怖いくらい。ここまで違和感がないと逆に他の人の配役での家康に違和感が出そうですなあ(笑)。

今回のもう一人の重要人物は秀吉の甥である秀次。
幼少の頃は山内家でしばらく預かった経緯もあり、千代との再会に喜ぶが、千代の言う「背伸び」が秀次を失態に追い込んでしまう。ファーストガンダムのファンであるオイラは思わず「認めたくないものだな・・・」というあのお方の名台詞が浮かんでしまうのですが、あまそれはさておき、功名を焦る姿というのは、若かりし頃の一豊にも通じる部分があったのかもしれない。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

激務も度が過ぎると人相が変わるらしい

今月の激務のすさまじさは形容しがたいものであった。
どうにかこうにか週末までこぎつけて、今日は同僚の支援もすっとばして一目散に帰宅した。

で、その激務の果てに今日は別の部署の人からトイレ後の洗面台でこんな会話が。

別「VINさん、仕事どうっすか」
V「いやーもう大変っすわ」
別「そうっすか・・・」
V「でもまあ、今日はどうにかマシな状態になったけど」
別「そりゃ良かったっす」

しばし沈黙

別「いやー、心配だったんすよ」
V「は?」
別「だって、VINさん、ここ数日は人相変わってましたから」
V「ぇえ~?そうなんすか?」
別「なんか怖くて話しかけられなかったっすよ」
V「そうっすか~・・・」

よほど恐ろしい形相だったのでありましょうか・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ようつべテスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうずっと仕事大杉

ノー残業デーって、どこに行ったんでしょうねえ?

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/OPINION/20060710/242905/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【功名が辻:28】出世脱落

勢いで次いってみよう(笑)。

あらすじは→こちらでござるよ。

母は強し、ということか。
つーか、一豊の城勤め辞めたとか家康に寝返るとか出家しちまおうとかいうのが結局は愚痴でしかないということを母・法秀尼は見事に誘導尋問で導き出した訳だ。このあたりは母の愛+年の功という感じかな。

でもなあ、一豊の不満もわかるわ。
これまで必死こいて秀吉のためと粉骨砕身はたらいてきてポッと出の若造どもと替わらぬ報酬ではやってらんねーというのは無理からぬ心理。はてさて、オイラだったらどうするかねえ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

【功名が辻:27】落城の母娘

いやー、すっかりエントリが遅くなった。

あらすじは→こちら

市の執念おそるべし、ってとこなのか。
よほどサルと呼称し続けた秀吉が嫌いだったのだろう。死んでも秀吉の差し向けた脱出案には応じなかったわけだけど、娘3人は一豊に預けて自害。その後この3人は重要なポジションを担うことになる。公式サイトのトピックスで武田鉄也が語ってたけど、市はその遺伝子を残すことで戦乱の世に大きな足跡を残すことになったわけだ。市ひとりに固執した秀吉の数少ない敗北ということかもしれない。

まあ、その後、市の娘の茶々をめとることになるんだが。

その茶々は千代に秀吉の野望阻止の協力を仰ぐが千代は承服するわけもなく、のちの確執の種となる、ときたもんだ。ということはこれから先は茶々vs千代の構図が展開される、というわけか。少し前までは子りんvs千代だったわけで、なかなかに安穏としてられないものですな、戦国の妻というのも。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ガレージの珍客

ツバメ君のエントリを先日書いたのですが、歴代のツバメ君たちは我が家のガレージの軒先に巣を作ってきました。

そのガレージの軒先に新たな珍客が。

20060718_01

続きを読む "ガレージの珍客"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日はお休み

3連休に有給休暇を追加して4連休としました。
週末からのケコーン式とかあったし、ゆっくり休むとしよう。

でもなあ、この雨なんとかならんのか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高速で逃げる豚

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060717-00000038-jij-soci
高速道路でブタ逃げる=トラックが事故-千葉

 17日午前10時40分すぎ、千葉市稲毛区長沼原町の東関東自動車道で、4トントラックが中央分離帯のガードレールに接触し、積み荷の豚11頭が対向車線上に投げ出され、うち3頭が約1時間逃走する騒ぎがあった。運転していた千葉県旭市の男性(35)は無事。同県警高速隊が事故原因などを詳しく調べている。 
(時事通信) - 7月17日17時0分更新



これがホントの「トンズラ」ですかい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

従姉妹の結婚式と「アルツの言い訳」

週末から二泊三日の行程で従姉妹の結婚式に行って来ました。
去年も同じ親戚の結婚式があったんですが、そこは二人構成の美人姉妹でして、もう一方が挙式と相成った訳でございます。というわけで、前回同様、ビデオカメラの撮影を仰せつかりました。

また披露宴でメシ食えねえのかよ(涙)。

いやいや、まあなんとか歓談中の隙をついてパクついてましたけどね。慌ただしいのなんのって。

で、式は滞りなく終了。
カメラマンの役目も(おそらく)大過なく終えられたのではないかと思っておりますが、その後ちょっとしたトラブルが。

続きを読む "従姉妹の結婚式と「アルツの言い訳」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツバメ君、第2陣

先日、ツバメ君のエントリ書いたあと数日してヒナたちは巣立っていったのですが、先日べつのツバメ君達が飛来してきました。

20060715_01_1

巣作りは一週間ほどで完了してました。
ツバメ君が巣に入ってる所を撮りたいんだけど、近づくと巣から逃げちゃうんで巣のみのショット。ちなみに我が家の軒先にはこれで都合3個のツバメの巣ができたことになります。

20060715_02

いちばん手前のが最新、奥にいくにしたがって古いものになります。
ツバメって基本的に巣は新築するんでしょうかね?既存の巣が空き家なら使っても良さそうなもんなのに。まあ、なにが入ってるかわからんし、一定の縄張り意識とかもあるんだろうな。
親ツバメはすばしっこいんでなかなか撮れないけど、ヒナが顔を出すようになったらまた撮影してみようかと思います。

ところで。
ココログメンテ中にこんな記事を発見。

http://mytown.asahi.com/kanagawa/news.php?k_id=15000000607130005

ツバメが巣を作るってのはその家とかお店とかが栄えるということで珍重される風習とかがあったりするんですが、箱根ホテルときたらちょっとした客のクレームであっさり業者まかせに撤去しちまって、おまけにヒナがほぼ全滅ときたもんだ。バカなことしたな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログメンテ終了だそうで

まあなんとか使えるレベルになったのか、という感じ。

問題はこのレベルが常時保たれるか、だよな。

ひとまずはスタッフの皆さん、お疲れさま。

でも、気ぃ抜いてまた重くなったらプラス解約するんで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログ重い、ちょ~~~重い

なんつうか、もうやってられん。

11日14時から向こう48時間かけてメンテするらしいが、それでも改善されなかったらひとまずプラスの契約打ち切りますんでよろしく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夜中に目を覚ました

あたしゃテレビをつけっぱなしにして寝入ってしまうというのがしょっちゅうあるのですが、昨夜もテレビを見ながら知らぬ間に落ちてしまった。

ただ、いつもなら朝までがっつり眠ってるんですが今朝は未明に目が覚めた。

んで、

ぼんやりとテレビに目をやるとエクソシストを放送中。
えらいタイミングで起きてしまった・・・

結局、再び眠ることもできず現在に至る、というわけです。ハイ。

まあね、週末の会議用資料も作らなきゃならんかった訳でちょうど良いっちゃちょうど良かったんですけどね。カラス神父の冥福を祈りつつ、出社の準備でもしましょうかね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

北朝鮮が(他称)人工衛星3発を立て続けに打ち上げ

http://www3.nhk.or.jp/news/2006/07/05/k20060705000038.html

一気に3連発なんてお金持ちですね。
おっかないんでしばらくドア締めておいた方がいいかも。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

【功名が辻:25】吉兵衛の恋

いやあ、すっかりエントリ遅延が当たり前になってきちまいました。

あらすじは例によって→こちら

もうね、吉兵衛の朴念仁ぶりはある意味で一豊以上なのかもしれない。それでもこれでも、今回の恋の行方というのは期待しちゃいますねえ。

えー、今回は遅れに遅れた言い訳ということで、かつてF1でやらかしたキャプチャシリーズを功名でやってみましたよ。

以下、写真のみ。
(クリックでポップアップします)

続きを読む "【功名が辻:25】吉兵衛の恋"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »