« ケニア大統領夫人は若者に悶死しろと放言している件について | トップページ | 明日あたり、大西洋に星が落ちてくるらしいのだが »

【功名が辻:20】迷うが人

BS-2で放送中に書いてみるテスト。
いや、ハイビジョンで見たから内容は把握してますよ。

あらすじは→こちら

松寿丸の一件については愚直な一豊にはいささか敷居の高い問題だったのかも。なんでもかんでも言葉どおりの命令に従えば良いというわけではない、ということなんだけど、いざ自分でその役を演じてみてようやく一豊もいくらかは理解できたのかしらん?実際、命を奪わなかったことを信長に直言してもとがめられなかったわけだしね。

さーて、今回は子りんが再登場しましたよ。
先週の予告編でちらりと姿が映ったので煩悩ゲージをピコピコさせてワクテカしながら見たんですが・・・

そりゃねえっすよ、NHKさん。
あんな切ない姿で出すとは、しかも一豊に絶望して姿を消すという扱い。こりゃもうトドメだよな。今後もうでてこれそうな材料がない。個人的に楽しみが3割くらい減りましたぜ。

|

« ケニア大統領夫人は若者に悶死しろと放言している件について | トップページ | 明日あたり、大西洋に星が落ちてくるらしいのだが »

「功名が辻」カテゴリの記事

コメント

そりゃねえっすよNHKさん。また相撲延長しやがって。
ってことでBS2を撮り直しますた。

松寿丸のエピソードって結構有名なんですかね。信長の伝記的には聞いたことのない話でしたが・・。狂気が加速していく舘信長だけど、あのシーンは見事でした。

で、VINCOさんイチオシのピコピコ小りん、あーなんか惨めだ・・ただあれだけの女優をキャストとして選んでるんで、また凛とした格好で出てきて欲スィんでつが・・無理?

投稿: フランカー | 2006.05.23 09:41

>>フランカー さん
松寿丸エピソードについてはオイラも詳しくありません。歴史ヲタと呼ばれるレベルならご存じなのかもしれませんが。

子りんの復帰は、どうかなあ?
一豊に絶望し、なおかつ失明という忍びとしては致命的なハンディを背負ったこともあって、ほぼ無理と考えております。
まあ、栄養状態が回復して視力も回復しますた、とかいうご都合主義をねじ込めば可能なのかもしれませんが、一豊にふりかかる試練という面からみて、このまま苦いものを胸に刻むという筋立てにするのかも、という読みをしております。

とはいえ、無理無理でもいいから復帰を身悶えしながら待ち望むオイラなのであります。

投稿: VINCO | 2006.05.23 20:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15430/10176674

この記事へのトラックバック一覧です: 【功名が辻:20】迷うが人:

« ケニア大統領夫人は若者に悶死しろと放言している件について | トップページ | 明日あたり、大西洋に星が落ちてくるらしいのだが »