« 予約しますた:劇場版「伝説巨神イデオン 接触篇/発動篇」 | トップページ | 「立喰師列伝」をみてきたよ »

「ゲド戦記」予告編の配信開始

Trailer01_1スタジオジブリの新作「ゲド戦記」。
いよいよこの夏に劇場公開となりますが、その予告編がジブリのHPで配信開始となってます。トレイラーを見るには、FlashPlayerが必要ですがほとんどの人はデフォで入ってるので問題ないでしょう。
この「ゲド戦記」、よく知らなかったのですが、実は宮崎駿氏ではなく彼のご子息である宮崎吾郎氏の初監督作品とのこと。宮崎父はなんでも地球儀作りに没頭してるとかでほとんどタッチしてないらしい。さてさて、どんな作品に仕上がるのか。

ヒットとなればいいのだが、ひとつ気になることがある。ジブリ作品にはタイトルにある法則性があって、今回の「ゲド戦記」はその法則から外れているのだ。

その法則とは、「の」の字の法則
以下は歴代ジブリ長編作品のタイトルなのだが、ヒットを飛ばした作品には、ほぼ例外なく「の」という字が含まれているのだ。

* 天空の城ラピュタ(1986年)
* となりのトトロ(1988年)
* 火垂るの墓(1988年、「となりのトトロ」と同時公開)
* 魔女の宅急便(1989年)
* おもひでぽろぽろ(1991年)
* 紅の豚(1992年)
* 海がきこえる(1993年、日本テレビ系列にて放映)
* 平成狸合戦ぽんぽこ(1994年)
* 耳をすませば(1995年)
* もののけ姫(1997年)
* ホーホケキョ となりの山田くん(1999年)
* 千と千尋の神隠し(2001年)
* 猫の恩返し(2002年)
* ハウルの動く城(2004年)

「の」の字が入っていながらヒットと言えなかったのは「となりの山田くん」くらいか(笑)。まあ「猫の恩返し」もヒットと呼ぶには疑問があるかもしれない。とはいえ、この2作品は宮崎駿監督作品ではなかったりする。ということは今回の宮崎吾郎氏の監督である作品もまた「の」の字の法則も適用されない可能性もあるんだけど、どうなんだろう。

とりあえず、予告編を見る限りはそこそこ期待できそうな感じではある。公開されたら見に行こうかとは思っております。ハイ。

|

« 予約しますた:劇場版「伝説巨神イデオン 接触篇/発動篇」 | トップページ | 「立喰師列伝」をみてきたよ »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15430/9593057

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゲド戦記」予告編の配信開始:

« 予約しますた:劇場版「伝説巨神イデオン 接触篇/発動篇」 | トップページ | 「立喰師列伝」をみてきたよ »