« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

日清カップヌードル新CM

カップヌードルのCMが新しくなったそうで。
これまではミスチルの歌に乗せて「ボーダー」をキーワードにして展開してました。最近ではロシア?の宇宙ステーションでの無重力状態での食事風景なんかがいい感じでしたが、このほど新しいコンセプトで始まった模様。

http://cupnoodle.jp/



宇多田×大友アニメ CMでコラボ
(デイリースポーツ)

 歌手・宇多田ヒカル(23)が大友克洋氏が手がけるアニメで話題のカップヌードルのCMに参加することが24日、発表された。6月14日に発売するアルバム「ULTRA BLUE」に収録される「This Is Love」がCM曲に使用される。

 4月13日からオンエアされていたCMの「FREEDOM宣言編」ですでに大友氏のアニメは登場している。25日からの「FREEDOM登場編」で宇多田の「This Is Love」がバックに流れることになる。

 「FREEDOM=本当の自由」というコンセプトに共感した宇多田。書き下ろしたCM曲を「愛とは不安と安らぎという両極のふり幅の間にこそあるのかも、ということを表現したかった曲です」と説明している。


サイトではCMのフラッシュ動画が見られます。かなり、というかほとんどアキラっぽくてなかなか良い感じですわい。思わず壁紙を交換しちまいましただよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【功名が辻:16】長篠の悲劇

さて、記憶が抜けないうちにあらすじ→こちら

旭(松本明子)の夫で長浜一の大工、源助(小林正寛)が死んだ。不運といってしまえばそれまでだが、期待されてこなした仕事の結果を見届けたいというのは誰にでも心にもちあがるものだと思う。

さて、子りん。
なんだかあっけなく引いちゃいましたねぇ。
もっとぐりぐり粘って引っかき回すのかと思ったんだけど、やっぱり千代が身ごもったというのが決定打だったんだろうか。女の人って醒める時は一気に醒めるといいますから。

ということは、もう子りんは見納めなの・・・?

そりゃねぇっすよNHKさん・・・orz

| | コメント (2) | トラックバック (0)

USEN、苦戦するギャオ

視聴者契約数が900万人に達したUSENの無料ネット放送「ギャオ」だけど、先日の中間決算では赤字であるという。

ギャオ 営業赤字40億円 USEN06年2月中間 無料ネット放送苦戦
(フジサンケイ ビジネスアイ)

テレビとネットの融合とかいわれてる昨今なんだけど、そのさきがけ的存在としてギャオは大きく取り上げられてきた。テレビ放送業界は戦々恐々なのかもしれない。彼らにしてみれば今回の赤字決算は「テレビにゃ勝てねぇよ」と自分を慰める材料にはなるのかもしれない。

USENの宇野社長は「今は先行投資なのでこれから盛り返す」としてる。けど、どうなんだろうな。確かにネットで動画配信というのは新しい試みとして行われてるんだけど、いざそれが企業の収益に結びつくかというと、すんなりとはいかないんだろうなという感じがしてならない。

ギャオの方式は、無料で動画が視聴できるかわりに、番組の折々にCMが挟み込まれる。これは従来の民法テレビ局の手法と全く同じ。違いといえば、登録者の属性(性別・年代・地域・嗜好)によって流すCMの種類を適宜選択できるというメリットだ。これは一律的な「垂れ流し」のブロードキャストと違って、見る人それぞれにマッチしたCM配信でより訴求力のあるモデルとなっている。

だが、属性に応じたCM配信でそれがそっくり広告主の収益に結びつくのかというと、疑問が残る。ただ、これまでの垂れ流し放送ではわからなかった消費者の行動の一部がネットを使ってある程度分析できるというレベルというのが現状なんじゃないだろうか。その分析をもとに新しい広告戦略を築き上げるのはこれからなんだろうと思う。

まあ、これくらいはUSENも広告主も代理店さんもわかってるんだろうけどね。とりあえずギャオにはまだそれほど魅力を感じてないオイラが書いてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

最強アンパンマン

http://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=24853

なんでも中の人は某格闘家なんだとか。

ネリチャギぶちかますアンパンマンって・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【功名が辻:15】妻対女

功名エントリをサボってたら、フランカーさんから「早くエントリで悶えろ」というお達しがありました。さて、どう悶えたものか(笑)。

ひとまず、あらすじは→こちら

タイトルにもあるように、今回は一豊というよりは千代と小りんに焦点が当てられててなんともいえない緊迫感がありました。女の戦いって静かで深い、そんでもって怖い(汗)。

今回は千代に度重なるプレッシャーがかかりまくりで辛かったっすね。
まずは妻連合の同士である、いどととしの両者がほぼ同時にご懐妊。まずはここで出遅れたという焦り。
次いで病床の義父・不破市之丞が切れ切れの声で「世継ぎを」と言う。一豊に嫁いで8年、とっくに子供がいてもおかしくない。不破に孫の顔をみせられていない負い目がつのる。
とどめは山内家に潜り込んだ六平太の妻として登場した、さと、こと小りん。もちろん、一豊も六平太も吉兵衛も新右衛門も、当の小りんも正体をばらしてないんだけど千代は見破ってしまう。あな恐ろしや女の勘。このセンシング技術を商業化できたら億万長者ですよアナタ。

この時代、世継ぎを産むことは武家の嫁としての重大な職責。それを果たせないというプレッシャーと、小りんに対するジェラシー。それらが千代の中でぐるぐるせめぎあって、千代は絞り出すような声で言う。

「もし、あのおなごを側女にお望みなら・・・」

千代の産んだ子でなければ子は要らぬという一豊の腕の中で最後の本音が出る。

「旦那さまの、お子が欲しい」

もうね、あたしゃこのシーン見た瞬間に、ドーパミンとかアドレナリンとかエンドルフィンとかが脳みその中からゴボゴボ出てきましたよ。もし直に由紀恵ちゃんから言われたら、オイラもう前立腺パンクですわ。

それはそれとして。
小りんこと長澤まさみタンの小悪魔ぶりにはもうアナタ、あしたのジョーよろしく打ちのめされちゃいましたよ。少し前にね、会社に火災予防のポスターが貼ってあったんですが、それがまさみタンでして、総務の人に「掲示期間が終わったら譲ってください」と頼み込もうとしちまった過去がありましたが(笑)。
そのポスターの楚々としたまさみタンと、子りんととのギャップがなんというかもう、俺の脳を破壊するのかと小一時間問いつめたくなるほどでございますよ。

ラストの、
「ホントはアンタの子がいたんだよ・・・」
という台詞。オイラはマジと捉えました。

でもなあ、子りんは切ない役どころだよなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ピタゴラスイッチ

フロッグでみつけたリンク。

PitagoraNHK教育の「ピタゴラスイッチ」という番組の「ピタゴラそうち」コーナーの映像をまとめたものなんだけど、幼稚園児向けといいながら大人が見てもとっても面白い。NHKもこういう番組しっかりたくさん作ってくれたらもっと評判よくなるのになぁ~。

HDDに録画項目がひとつ増えそうです。ハイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【功名が辻:14】一番出世

例によってあらすじは→こちら

冒頭映像の公園デビューはかなりこじつけっぽいかなとも思いながらも、当時の妻同士のネットワークというのは現代を遙かに超える協力なものだったんだろうな、と感慨。夫の出世如何によって妻の暮らしも激変するわけで危機感が強かったんだろうな。亭主元気で留守がいい、なんてほざいてるようじゃダメっすよ奥さん。

一豊の戦友ともいうべき中村一氏(田村淳)と堀尾吉晴(生瀬勝久)は、先に一豊だけが出世して四百石となったことがどうにも気に入らない。特に中村は嫌みったらしく他人行儀に「一豊さま」と言う。これはまあ、現代でもありそうな情景なんだけど、差をつけられた相手にあたるってのはあんまり誉められた姿にはみられないわな。
で、それぞれの妻たちが山内邸で風呂を借りるんだけど、そのことを知った夫二人はわりと極端な反応を示す。中村は妻のとし(乙葉)に「悔しくないのか!」と叱責するが、堀部は「いいなぁ、よーし儂も出世してでかい風呂を作るぞ」と意気込む。屈託のない堀部は後日、夫婦で山内邸に風呂を借りに来たりしてる。個人的な感覚としては、中村より堀部の方が後々に出世していきそうな予感。

今回いちばん面白かったのは、秀吉が母・なかから側女のことでぶん殴られる所かな。ただ、単純にぶん殴られたことが面白かったのではなく、秀吉が千代を通じてそれとなく母のなかに側女のことを漏らして怒りを買わせ、寧寧の前で無様に叱責されてみせる。側女のことで鬱憤のたまっていた寧寧の溜飲をさげさせるという策士ぶりはさすが「人たらしの天才」の面目躍如といったところか。寧寧の気性からいってくどくど言い訳したところで納得しやしないもんね。いや、寧寧だけじゃないか、大半の女性はそうなんだろうな。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

「立喰師列伝」をみてきたよ

久々に映画館に足を運びました。
見たのは、押井守監督最新作「立喰師列伝」。

Tr_banner_on

甲殻機動隊やパトレイバーといった過去のヒットした押井作品のイメージで見るとかなり違和感ある感じですよ。あえて言うなら「紅い眼鏡」が近い感じかもしれない。

アニメでも実写でもない、というとなんだそりゃという感じですが、乱暴に言うと実写の写真をパタパタアニメにした感じでしょうかね。イントロダクションでは「スーパーライブメーション」と呼んでますがこれを斬新と捕らえるか粗雑と捕らえるかで評価はかなり分かれると思う。

映像に関しては評価の分かれるところで、圧巻だったのは山寺宏一氏による怒濤のナレーション。普通の会話ではまあ使わねーわなという口調でじゃかすかまくしたてます。オイラは解読するのを諦めてBGMとして聞いてましたが。

この「立喰師列伝」、これまでの押井作品に傾倒した熱烈なファンであればお奨めですが、予備知識のない人がこれを見てどう思うのか。万人に受け入れられる作品ではなく、ついてこられるヤツだけついて来いって感じですな。

実際、赴いた映画館はそれぞれ約150席ほどの2作品並列だったんですが、片方の「寝ずの番」がほぼ満席だったのに対して立喰師列伝は20人足らずといった感じ。商業的に見れば、制作費がペイできれば上出来といった感じかもしれません。

オイラはそこそこ楽しめましたけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「ゲド戦記」予告編の配信開始

Trailer01_1スタジオジブリの新作「ゲド戦記」。
いよいよこの夏に劇場公開となりますが、その予告編がジブリのHPで配信開始となってます。トレイラーを見るには、FlashPlayerが必要ですがほとんどの人はデフォで入ってるので問題ないでしょう。
この「ゲド戦記」、よく知らなかったのですが、実は宮崎駿氏ではなく彼のご子息である宮崎吾郎氏の初監督作品とのこと。宮崎父はなんでも地球儀作りに没頭してるとかでほとんどタッチしてないらしい。さてさて、どんな作品に仕上がるのか。

ヒットとなればいいのだが、ひとつ気になることがある。ジブリ作品にはタイトルにある法則性があって、今回の「ゲド戦記」はその法則から外れているのだ。

続きを読む "「ゲド戦記」予告編の配信開始"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

予約しますた:劇場版「伝説巨神イデオン 接触篇/発動篇」

伝説巨神イデオン 接触篇/発動篇「イデオン」って知ってます?
1980年に旧テレビ東京系で放送されたTVアニメなんですけどね、当時オイラは中学生で寝ても覚めてもガンダムガンダム言うてた頃でございます。そのガンダムで一躍有名になった富野監督が手がけた作品として一部ではガンダム以上の評価を受けたのがこの作品。TVシリーズ終了後に映画化されたんですけど、そのDVDが再販になるというので予約しますたよ。

続きを読む "予約しますた:劇場版「伝説巨神イデオン 接触篇/発動篇」"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

VINCOの6%はお菓子で出来ています

お菓子好きだから、というわけでもない?

先般ネット界隈で話題になった成分分析というものをやっちまいまして、その結果のひとつがタイトルというわけでございます、ハイ。

成分分析←これこれ

アメリカのドメインですが日本語を入力してもOKな模様。
オイラのHNである「VINCO」を入力してみるとこんな感じ。

VINCOの55%は海水で出来ています
VINCOの32%は純金で出来ています
VINCOの6%はマイナスイオンで出来ています
VINCOの6%はお菓子で出来ています
VINCOの1%は成功の鍵で出来ています

まあね、体の6割は水といいますから。
しかし32%の純金ってスゲェな。
生活費に困ったら自分を切り売りすればいいのか(笑)。
マイナスイオンてよくわかりません。
お菓子好きなんで、6%くらいあっても驚かない。

ていうか、成功の鍵は1%ですかい・・・orz

ちなみに先日、民主党の党首になられたお方を分析してみるとこんな感じ。

小沢一郎の72%は記憶で出来ています
小沢一郎の14%は果物で出来ています
小沢一郎の7%は気の迷いで出来ています
小沢一郎の5%は濃硫酸で出来ています
小沢一郎の2%は成功の鍵で出来ています

みなさん、分析してみました?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

【功名が辻:13】小谷落城

あらすじは→こちら

いやもう、なんつーか次の回すら終わってるのにエントリ書くのってどーよという気分でありますが。消化試合とでも命名しとくかね。

つーかもう書くことあんまりない、今回。
ただただ切ない、それだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ようやく休日

いやー、この半月は厳しかった。

先日のエントリで書いた怒濤のスケジュールが昨日でようやく収束の気配となりましたよ。今後は自分なりにやりたい業務もいくつかこなしていけそう。まあ、後回しになってる細かい案件もまだまだあるんでなかなか難しいのかもしれないけど、なんにせよこれでもう少し余裕をもってお仕事ができそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

F1GP第03戦オーストラリア決勝

リザルトは→こちら

激務&ココログ激重にかこつけて更新さぼりまくりなんだけど、ま、それはそれとして。

印象的だったのは顎兄の苦戦ぶりでした。
トロロッソ(旧ミナルディ)のリウィッツィに抜かれてしまうあたり、解説陣の見解からするとタイヤチョイスのミスらしいですが、なんとも歯車のかみあわない感じがぬぐいきれません。ポチ役のマッサはオープニングで早々とリタイアして援護射撃も望めないとなれば孤軍奮闘せねばならんというのは必定とはいえ、ダメな時ゃダメなのねということで最後にはコースアウトしてクラッシュときたもんだ。

それにひきかえ気持ち悪いくらいになんにもなくてフツ~に順位あげてフィニッシュしたライコネンが妙な感じ。気が付けば2位表彰台ですよアナタ。ある意味で彼の不運っぷりに期待してしまっているオイラとしては拍子抜けとか言ったら不謹慎か。

あとはSAF1の二人が揃って完走というのは収穫のひとつになるか。井出ちゃんやっと完走。まあ最下位なんだけど最後まで走りきるってのはこれはこれで大変なんだろうね。早くいいマシンが届けられることを祈っております。

さてさて、次回からはいよいよ本場のヨーロッパラウンド。
各チームも気合い入れてやってくださいまし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »