« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

怒濤の年度末進行+α

年度末でございます。

どこの企業でもこの時期はてんやわんやだったりしますが、オイラが勤める某企業もそれに漏れず年度末は怒濤の仕事量が押し寄せておりまして、定時で帰宅なぞ夢のまた夢という案配でして、今日も今日とてしっぽりと暮れまくった夜空を見上げながらの帰宅でございました。あー夜露が冷たい。

この怒濤の業務シフトが今月いっぱいで沈静化すればまだ希望をもって職務に取り組もうというものですが、聞けば4月になってからもどえりゃー勢いで仕事が待ちかまえているのだとか。もうね、バカかと、アホかと。

時間外手当をちゃんと付けてくれなきゃ暴れちゃうぞこのやろー。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【功名が辻:12】信玄の影

あらすじは→こちら

三谷幸喜のバカ殿っぷりはNHKらしくなくて笑えますな。
それにしても終盤の明智光秀の落胆ぶりは見てて辛いものがありました。義昭を将軍に押し上げるために生涯をかけて奔走し、しかしその手で最後は自分の夢にとどめを刺さなければならない。その虚無感はいかばかりだろう。
光秀はこの後、本能寺の変へと突入とあいなる訳ですが、どのように描いてくれるのか期待。

あとは、小りんの動向が気になります。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

宮川泰氏が他界

「恋のバカンス」「宇宙戦艦ヤマト」宮川泰氏死去
(読売)

WBCで盛り上がってた所にこの訃報。切ない。

宮川泰氏といえば、オイラの中ではなんといっても「宇宙戦艦ヤマト」に尽きる。

心よりご冥福をお祈りします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

WBC日本優勝 GJ!王ジャパン!

こんなにドキドキしながら野球を見たのは久しぶりだ。

中継が終わったいま、あれこれ書いても陳腐になりそうでやめとく。

おめでとう、王ジャパン!
ありがとう。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

F1第02戦マレーシア決勝 ルノー24年ぶりのワンツー

昨夜は放送を見ずに寝たのでさきほど鑑賞。
リザルトは→こちら

f1_0602_01熱砂のバーレーンに続いて赤道直下のマレーシア。シーズン始めから過酷なステージが続きますが、そうした影響なのか、決勝グリッドに並ぶまでにエンジン交換するマシンが続出。予選タイムでは最下位だったSAF1の後ろにクルサード、バリチェロ、マッサ、ラルフの4台という事態。顎兄も4番手タイムながら結局は14番グリッド。しかしまあ、ここからの各車の追い上げが見物でもありましたが。

そうした初手でつまづくことなくスタートできたのがルノー勢。アロンソが都合7番グリッドとやや後方からのスタートながらも盤石の体制でピット戦略も見事決めて24年ぶりのワンツーフィニッシュ。いやお見事です。

予選までで驚きだったのがウィリアムズの2台だよな。セカンドロー独占はワークス勢ひしめく中にあってあのポジション取りはすげぇ。ただ、2台とも途中リタイアしちゃったのが残念。ニコの活躍を期待してたんだが。

SAF1の琢磨は2戦連続完走。なんだか去年までの「壊し屋」のイメージとだいぶ違うんですが、それだけ今やるべきことの重要性を認識してるってことなのかもしれない。井出はまたリタイアというのが切ない。アグリ監督が「早く良いマシンを渡してあげたい」と言ってたけど、前半は苦労しまくるんだろうな。

ところで、ライコネン。
あんたもうなんというか、運なさすぎ。お祓いしてもらう?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【功名が辻:11】仏法の敵

今日は休みなのでこんな時間に書いてみる。

例によってあらすじは→こちら

冒頭映像は、最近はなんだか現代映像使わなくなったね。前回までのあらすじと今回のポイントを短く紹介というセオリーどおりの内容。まあ、回によっては現代と絡めにくいこともあるんだろう。

比叡山の焼き討ちというのは学生時代の歴史授業で習ったことでも比較的よく覚えているエピソードなんだけど、信長の「破壊者」ぶりをいちばん強烈に現すのがこれなんだと思う。現代でもよく、既成概念をぶっ壊せとか言われたりするけど、その時代に生きる人にとって社会の根底にある風習や概念を打ち壊して新しいなにかをドラスティックに創出するというのはなまなかのことではできない。仮に現代の世で「比叡山焼き討ち」に匹敵する所業というのはなんだろう、ちょっと想像がつかない。

まあ、そこを想像できないオイラが凡才ということか(笑)。

さて、千代。
最初の頃の千代というのは、良くも悪くも「お嬢様」だったんだろうな。それが一豊と結婚して戦国の世の荒波が我が身にも降りかかってくるようになってきた。オトコという生き物の性質も(納得いかないながらも)見えてきた。秀吉の妻の寧々や一豊の母の法秀尼といった「先輩」の言葉からもいろいろと学んでいく。それによってただ単に世間に巻かれていくと凡庸な人になってしまうのだろうけど、千代はこの先どのように一豊のそばで生きていくのか。そこがちょっと楽しみです。

でも千代、小りんを許さないだろうなぁ。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

今日、妹が彼氏を連れてくるらしい

正直、逃げたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

当ブログはどうやら有害サイトらしい

キッズgooって知ってます?
キッズgoo

主に小学生向けの検索サイトなんですが、広大なネットにはエロサイトや危険な情報を扱う有害サイトも山ほどあるわけでして、そういったお子さま向けでないサイトをあらかじめフィルタリングして、なるべく健全な内容のサイトを優先的に閲覧できるようにしてる、という訳です。まあ、フィルタリング自体は程度の差はあれどの検索エンジンでもやってるので問題ではないんですが、どうやらこのキッズgoo、ちょっとしたキーワードでごく一般的なサイトでも簡単にフィルタリングの対象になったりするらしいのですよ。

試しにこの「VINCO VOICE」をキッズgooで検索かけてみると、見事にはじかれちまいましただよ。

何故?

うちのブログ、別にエロ画像貼ってるわけでもないし18禁の猥褻な文章書いた覚えも(そんなに)ないし、テロリスト支援したりとか反政府活動してるわけでもない。

なんでもキッズgooのフィルタリング、怪しいらしい。

続きを読む "当ブログはどうやら有害サイトらしい"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

PS3は11月発売予定に

プレイステーション3は11月上旬に全世界同時発売:詳報
(ファミ通.com)

去年の段階では今年の春に発売、というふれこみだったPS3。どうやら開発が遅れてるらしい。ブルーレイ・ディスク対応やTVとの接続企画なんかで手間取ってるのか?まあなんにせよ出すからにはバシッと決めた状態でやってもらいたいですね。どっかの箱みたく後になってから次世代ディスク対応モデルに変更とかだと初期型ユーザーは目もあてられません。

とはいえソニーの初期ロットは、●@■★▲○・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

F1第01戦余録 キャプ画像で遊んでみるテスト

いくつかのブログをめぐってみると、けっこうTVのキャプチャ画像をアップしてたりします。今はPCにTVチューナー内蔵とかしてるモデルも多いし、以前に比べればすごく簡単にできちゃうんだよね。

ちなみにオイラのPCはTVチューナーなぞないのでTV映像をキャプしようと思ったらHDDレコーダーから一旦DVDに落としこんでそのディスクをPCで回してキャプ、という手順になるのでちょいと面倒。それでもまあなんとかなります。

で、先日のバーレーン戦の映像をキャプしてみたんですが、そのままだとなんだか味気ないんでちょっとだけいじくってみましたですよ。いじるといってもテキスト貼り付けて実写漫画風にしてみた、というだけですが、知人にメールで見せてみたところ、いたく好評だったので今回アップしてみるテストです。

続きを読む "F1第01戦余録 キャプ画像で遊んでみるテスト"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

F1第01戦バーレーン決勝 スーパーアグリのデビュー

さて、今年のF1が始まりました。
ひとまず第1戦のリザルトは→こちら

第1戦は中東バーレーン。オイラ的にいちおう最大の注目点は純国産チームとしてデビューするスーパーアグリ。以前にもテストの記事を書きましたが、参戦表明から4ヶ月で開幕のグリッドに並べるというのはちょっと想像のつかない世界です。超がつく突貫だったんだろうな。

f1_0601_02

テスト当時はほぼ真っ白なカラーリングだったけど、バーレーンでは赤いラインの入ったデザインに。スポンサーのデカール類はホンダとブリヂストンの他には「スーパーH2O」が小さく貼ってあるのが確認された程度。まだ大きなスポンサーがついてないんだろうな。資金面とか大丈夫なんだろうか?

まあそれはさておき決勝の印象を。

続きを読む "F1第01戦バーレーン決勝 スーパーアグリのデビュー"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【功名が辻:10】戦場に消えた夫

あらすじは→こちら

冒頭映像はコメントなし。

今回は一豊の崖っぷちぶりがおかしかった。
でもなあ、やっぱ言っちゃだめですよ一豊。千代に嘘はつけないというけど、なんでもかんでも正直に告白すればいいってもんでもないわけで。白状した一豊はそれで胸のつかえがとれるけど聞かされた千代にとってはたまんない。後ろめたいと思うなら、それを知らせることによる相手の心情をおもんばかるのが必定。なればこそ、その罪悪感を胸にこらえながら戒めとしていくのがよろしいかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(有料の)ココログ不調

有料のベーシックやプラスやプロがメンテ中でフリーがサクサク動いてるってのは、金払ってる身としてはどうにも納得いかないんですがどうなんですか。

http://cocolog2006.typepad.jp/blog/

ていうか、せっかくの平日の休み、午前中に長文のエントリ書いてたんですが、メンテ画面に持ち込まれてテキストデータ消失・・・

涙でモニタが見えません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【功名が辻:09】初めての浮気

いかんいかん、昨夜はコマンドー見てて見逃した。
例によってあらすじは→こちら

冒頭映像はなんだかワロタ。
忍びが現代のスパイというのは合点がいくとして国家の諜報機関(CIAとかKGB)ではなく民間の、ということになると、さしずめチャーリーズエンジェルってとこですかい?

それはさておき
今回は一豊てめぇ許せでぇシーンだらけだぞゴルァ!

小りんこと長澤まさみちゃんと言えば「タッチ(実写版)」の朝倉みなみチャンじゃねえか!それにしても可愛かったなぁ・・・そんな小りんに添い寝されるたぁもうああもうああオイラもハニートラップかましてくれっ!

更には終盤で岐阜に帰還してからの千代との添い寝・・・
あぎゃー許せでぇ!

こんなに身悶えする大河ドラマってなんなのよいったい。精神衛生上たいへんよろしくありません。マジ勘弁してください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

孫さんのお買い物

土曜出勤でヘロヘロになって帰宅したら夕刊にこれ。

ソフトバンク、ボーダフォン日本法人1.7-2兆円で全株取得へ
(日経)

いや、うちは日経新聞とってないんですけどね。

産経省が携帯の新規チャネルを割り振るとかでソフトバンクが名乗りを上げてたんだけど、すっとばして既存企業のボードフォン日本法人を買収ときたか。どうなんだろうな。全くの新規立ち上げよりは設備投資とかは安く抑えられるだろうし、秋にはナンバーポータビリティ制度が始まるんでその前に一定の顧客を捕まえておきたいという思惑なんだろうか。

SBといえば落下傘部隊やサポート不評や顧客情報流出なんていうヤフーBBに対するネガティブイメージがあるんで、あの経営手法で携帯もやっちまうんではないかという危惧もないではないんだが、それはさておき通信料金を下げさせたという功績は見逃せないわけです。その意味では今回のSBによるボー打フォン買収ってのは携帯の料金値下げへの流れとなってくれるとありがたいんですが、どうですか孫さん。

ちなみにオイラは「J-PHONE」というロゴの入った携帯をいまだに使用してますが、秋までにサービスとか悪くなったりしたらナンバーひっさげて他社へ移動しちゃうかもよ。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

ネコミミ新幹線

なんかちょっと面白い画像に巡り会ったので書く。

次世代新幹線、世界最速達成…時速366キロ
(ZAKZAK)

Fastech360S0JR東日本の次世代新幹線「ファステック」というものだそうで、見た目は700系というより500系に近い感じ。うん、まあカッコイイ部類かもしれない。個人的に新幹線は700系より500系がカッコイイと思っているのであります。700系はどうにもずんぐりしててなんというかカバみたいでイヤなのです。
で、このファステック、ちょっと面白い機能がある。なんと、ミミがあるという。その画像が下の写真。

Fastech360Sネコミミっぽくて可愛いぞコイツ♪。機能目的とかについては情報を見つけられなかったのですが、思うに減速用のエアブレーキなんじゃないかな、と。戦闘機とかが着陸時に機体後部のパネルをガバッと持ち上げて空気抵抗を増やして減速するアレと原理は同じ?

導入はまだ先になるようですが、数年したら東北新幹線とかでコイツが実際に走るようになるのでしょう。ただ、このネコミミを生で見るには駅のホームに立ってたんではおそらく見られないのではないかと。列車の減速って駅のかなり手前からやるわけで、ましてや新幹線なら200km/h超からの減速となれば数キロ手前から行われることになるはずだし、ネコミミをウォッチしたかったら駅から数キロ離れた線路沿いということになるのか?

ガチの鉄っちゃんでもないオイラはそこまでしないと思いますが、どっかで見かけられるならちょっと見てみたいと思ったりします。

とはいえ、仮に全国展開したとして、新神戸駅周辺ってトンネルだらけなんですがどうしてくれますか、JRの人。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドンキの「おとり広告」

なんつーかこう、ドンキもやさぐれてきたな、と。

ドン・キホーテ、グッチでおとり広告のおそれ・公取が警告
(日経)

ニュースで取り上げられた「おとり広告」は客商売やってるならどこでもありそうな話なんだけど、そのどこでもありそうな話をわざわざ取り上げられる所に今のドンキのドンキたる所以があるような気がする。

先週届いた日経ビジネスにドンキの記事があったんだけど、TOB失敗にめげずに市場で大量買い増しを続けるドンキに「ちょっとグレー臭いんだよなあ」という感じでドンキに対してどうにも胡散臭いイメージができあがりつつある。

コンビニ業態を目指して弁当や総菜を店舗でやりたいがためにドンキがオリジン東秀のTOBに執念を燃やすというのはちょっと経済関連に目を通してる人ならよく知られたこと。ただ初期のTOBが失敗に終わってそれでも諦めないドンキ、それはまあいいとしてその後のやり方がどうにも評価されてない。そうしたネガが積もり積もってくるとこうした些細なことでも記事になって余計にイメージを悪くしちゃう。なんかこう、空回りしちゃってるんですがどうすか会長そのへん。

まあ、オイラを含めた末端消費者にしてみればそんなTOBだのホワイトナイトだのはどうでもよくて、欲しい物が便利に安く買えるなら文句ないわけですが、ただ今時の消費者の多くは個人投資家でもあったりするわけで、こうしたニュースにもけっこう敏感だったりするんですけど。

え?
ドンキの主力購買層は株なんてやってない?
あーまあそうかもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »