« 【功名が辻:11】仏法の敵 | トップページ | WBC日本優勝 GJ!王ジャパン! »

F1第02戦マレーシア決勝 ルノー24年ぶりのワンツー

昨夜は放送を見ずに寝たのでさきほど鑑賞。
リザルトは→こちら

f1_0602_01熱砂のバーレーンに続いて赤道直下のマレーシア。シーズン始めから過酷なステージが続きますが、そうした影響なのか、決勝グリッドに並ぶまでにエンジン交換するマシンが続出。予選タイムでは最下位だったSAF1の後ろにクルサード、バリチェロ、マッサ、ラルフの4台という事態。顎兄も4番手タイムながら結局は14番グリッド。しかしまあ、ここからの各車の追い上げが見物でもありましたが。

そうした初手でつまづくことなくスタートできたのがルノー勢。アロンソが都合7番グリッドとやや後方からのスタートながらも盤石の体制でピット戦略も見事決めて24年ぶりのワンツーフィニッシュ。いやお見事です。

予選までで驚きだったのがウィリアムズの2台だよな。セカンドロー独占はワークス勢ひしめく中にあってあのポジション取りはすげぇ。ただ、2台とも途中リタイアしちゃったのが残念。ニコの活躍を期待してたんだが。

SAF1の琢磨は2戦連続完走。なんだか去年までの「壊し屋」のイメージとだいぶ違うんですが、それだけ今やるべきことの重要性を認識してるってことなのかもしれない。井出はまたリタイアというのが切ない。アグリ監督が「早く良いマシンを渡してあげたい」と言ってたけど、前半は苦労しまくるんだろうな。

ところで、ライコネン。
あんたもうなんというか、運なさすぎ。お祓いしてもらう?

|

« 【功名が辻:11】仏法の敵 | トップページ | WBC日本優勝 GJ!王ジャパン! »

「2006年F1」カテゴリの記事

「モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

アナウンサーがものすごい早口で「ケケノムスコニコ!」って言うのがさすがって感じ。俺にはあのスピードでは言えんですわ(笑)。一昔前に比べるとニコとかバトンとかライコネンとか、ほんとにイケメンが増えましたな、F1。

琢磨はたいして期待してなかったけど、バトルしながらのトップ集団への道譲りなど、おおやるじゃん!ってシーンが見えて見直しました。むしろ去年より国際映像に映ってるよね?(笑)

かつて遅いマシン、下位チームで頑張っていい結果出した奴が今トップ集団にいるわけで、まずは完走を重ねつつあわよくばポイント取れるくらいにはなって欲しいですな。

時代はもう赤から青、ですかねぇ。

投稿: フランカー | 2006.03.21 08:43

>>フランカー さん
ニコちゃんはなにげに俳優のレオナルド・ディカプリオに似てたりしますね。んでもってニコちゃんまた速いときたもんで、天は二物も三物も与える時があるのねと思う今日この頃です。

フランカーさんのおっしゃるとおり、条件さえ揃えば速い、とかよく言うんですが、悪い条件なりに頑張って結果を残すヤツもいるわけで、そうした連中が今のトップチームでブイブイいわしてるわけです。琢磨や井出ちゃんも今の苦しい状況でもなにがしかの結果を引っ張ってこられるなら彼らも本物といえるでしょう。

赤が沈むにはまだ早いっすよ、盤石の強さを誇った赤がかつてどれだけ酷いチームだったかはF1史をひもとくとよくわかります。青も簡単には頂点に居座れませんって。

投稿: VINCO | 2006.03.21 15:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15430/9172018

この記事へのトラックバック一覧です: F1第02戦マレーシア決勝 ルノー24年ぶりのワンツー:

« 【功名が辻:11】仏法の敵 | トップページ | WBC日本優勝 GJ!王ジャパン! »