« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

機内ではお行儀良くしましょう

興味深い飛行機がらみのニュースを続けて見つけたのでちょっと書いてみよう。

まずは昨日の記事
酒に酔った乗客、全日空機を遅らす 携帯電話使用や喫煙
(朝日)

酔っぱらって機内で禁止されてるケータイを使ってそれを咎め立てされるとムキになってタバコをプカプカ。怒った機長は離陸前に飛行機から引きずりおろした。その遅れを取り戻すべく全速力でかっ飛ばしたという。

続いて今朝の記事
紳士の国の旅客機長がキレた!酔っ払い乗客を小島に置き去り刑!
(サンスポ)

こちらも酔客が騒いだのでキレた機長が航路をはずれてまで緊急着陸して男を現地警察に引き渡した。迷惑していた他の乗客は4時間遅れに文句どころか機長の判断に拍手喝采だったという。

いやー、どちらの機長もですな。
なだめても懲りない輩というのは必ず痛い目にあうという好例というかなんというか。我を張りすぎるとロクなことないんで、飛行機の中だけとはいわず、周囲のみなさんとは仲良くしとくにこしたことはないということで。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

日本の核開発能力

ちょっとひっかかった記事だったのでリンク。

「日本は3カ月で核兵器製造可能」 70年代、英に衝撃
(朝日)

もう30年から昔の情報だし、結局は「事実でない」という結論に至ったというし、当時の日本に核を作る能力があったのかということに関しては今更検証してもしょうがないと思う。それより重要なのは現代の日本はどうなのかという点なんじゃないかな。

ぶっちゃけオイラの漠然とした感慨ではあるが、「その気になれば」作るだけの能力はあると思う。もちろん、それを許容するとかいう話ではなく純粋に、工業能力としての核開発するだけの技術力はあるだろう。これだけたくさんの原発を保有してるし、核エネルギーに関する研究もあちこちで行われている。

ただそれを実行できるかというと、無理だろう。
許されるはずがない。

最近の特定アジアに対する視線が厳しくなっているとはいえ、だからといって彼らの懸念するような右傾化の最たるものともいえる核保有などするべきではない。世界中に「唯一の被爆国」として知られる日本が核を保有することになれば「被爆国すら核もってないとやってけないのさ~」という世界世論が形成され、核廃絶の流れを止めることになる。それは日本の国益を大きく損なうことにもなる。

すぐに抜刀するヤツは、実はそんなに強くない。
そういう考えでやってきましょうよ、偉い人。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事納め

というわけで、今年のお仕事も無事終了。

通常業務は無く職場の大掃除に明け暮れる。普段は動かさない机とかをひっぺがして裏側をふきふき、うおーホコリすげいな。蛍光灯を拭いて換気扇を開けて床をザッパザッパと洗う。思いのほか順調に掃除も済んで他の部署に応援行っても夕刻には手余りとなる始末。まあ普段からそれなりにやってますからな。

終礼やって偉い人に挨拶してトコトコ帰宅。

ふとケータイを見ると着信が。
中学からの腐れ縁の●ちゃん。ヤツがこの時期に連絡を寄越したということは・・・アレか。

取り敢えず返信してしばらくするとケータイの呼び出し音。「ボンジュール♪」とヤツの声。てめえいつからフランス人になりやがった。つーかフランス語の電話での挨拶は「アロウ」だろーが。悪態つきながら用件を確認。やはり年末恒例の年賀状印刷に参上するとのこと。いつになったらパソコン買うんだろう。それはさておき、考えてみれば今年の夏にオイラはパソコンを買い換えたのだった。ということはまたあの年賀状ソフトをインストールせねばならんということか。くわーめんどくせえ。もはやあのソフト、ほぼ●ちゃん専用となっているのだがそんなことはヤツはおかまいなし。「ひとつたのむわ」と軽くのたまって電話終了。

明日から冬休みでのんびりしようかと思ったのに、どうやら思惑どうおりに事は運ばないようですわい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一球入魂~ボウリング編~

はい、久々のバカニュースでございます。

羽越線事故の次のエントリがこれかよという意見も聞こえそうですが、それはそれ、これはこれということでひとつ。

ボウリングを連続11時間、料金未払いの男を逮捕 埼玉
(朝日)

いやーしかし、11時間に渡り延々と48ゲームも一人でボウリングを続けるとは、齢六十にしてこの体力。正直羨ましいです。オイラなんざ3ゲームもすれば腕がパンパンになっちゃうよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

JR羽越線脱線事故

またしても痛ましい・・・

JR羽越線の特急脱線、死者4人に・重軽傷33人
(日経)

4月の福知山線の事故の記憶もまだ鮮明にあるが、今回の事故は強風による転覆という情報が有力。思い出したのが余部鉄橋事故だ。あれほどの惨事ではないにしても、数時間後にとうとう死者の一報が入った時には愕然。

犠牲者のご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

ES細胞論文捏造

韓国ソウル大調査委、ES細胞論文はねつ造と発表
(ロイター)

前々から疑惑がささやかれていた黄教授によるES細胞論文問題が捏造と断定されましたな。韓国がらみの捏造ニュースってなんだかもうそんなに驚かなくなったように感じるのは気のせいでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【書評】超音速飛行

超音速飛行―「音の壁」を突破せよ表紙に目を引かれて思わず買ってしまった一冊。著者は加藤寛一郎氏。航空機関連の著書の多いお方です。
内容は、超音速機開発黎明期からの開発陣やテストパイロットの苦闘、音速突破に至る経緯とその少し後までが克明に、淡々と記されている。

人物としては初の音速突破を成し遂げたチャック・イエーガーを中心に述べられていて、実験機「ベルXS-1(のちにX-1と改名)」での音速突破時のエピソードが詳細に描かれていて興味深い。この時代の飛行機事情やテストパイロットについて興味のある人にはお奨めの一冊です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

拙ブログのエントリが某所にて引用されているのを8ヶ月もたってから知った件について

http://blog.drecom.jp/tactac/archive/56

どう見ても無断転載です。
本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅白の曲目決定

紅白歌合戦の曲目決まる
(デイリースポーツ)
全曲目の一覧はこちら(NHK)

ふむ、決まりましたか。
個人的にはデビュー20年でようやく初登場となったみさっちゃんこと渡辺美里ですな。あとはまあ適当に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ルナハイツ」が映画化

星里もちる氏は好きな漫画家の一人だ。

怪獣の家 1 (1)怪獣の家 2 (2)その氏が少し前まで連載していた作品「ルナハイツ」が映画化されるという。知ったのは先日購入した星里作品最新作「怪獣の家」というコミックのカバーだった。いつから上映されるのかとちょっと調べてみると、オフィシャルサイトには12月24日から東京で、とのこと。あとは大阪と名古屋のみ。うあー、三大都市のみかよ。せめて神戸に来てくれればと思うがそうもいかないのか。

もう少し調べてみたが、上映時間は約50分程度。うーん、映画というよりはテレビドラマを映画館でやる、というようなノリなのかもしれん。来年二月にはDVDも出るらしいが、どうしようかねえ。

ちなみに原作はこちら。(画像データなかった・・・)
ドタバタラブコメがお好きな人にはいいと思います。

4091864279
ルナハイツ 4 (4)
星里 もちる

関連商品
ルナハイツ 3 (3)
ルナハイツ 2 (2)
ルナハイツ 1 (1)
怪獣の家 1 (1)
怪獣の家 2 (2)
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松下に続き日立も欠陥商品

どうもこういうのは飛行機事故同様に続発しちまう傾向にあるのかしらん?

火災の恐れで23万台修理 日立の洗濯乾燥機に欠陥
(産経)
日立選択乾燥機修理のお願い
(日立製作所プレスリリース)

まあ、松下のファンヒーターほど生命への危機というような感はないにしても、日立だろうが松下だろうが大手メーカーといえども必ず安心して使えますという感じがグラグラと揺らいできてる予感。

ともあれ日立さんにはしっかり対応していただくとして、開発陣は安全第一で職務にあたられたし。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

この寒さはなんなのだ

先日の初雪エントリでも触れたが猛烈に寒い。

今日は午後から湿った雪がふってたが帰宅時間になるとやんでいた。地面はうっすらと濡れた状態で、事務所の前のタイルが一部で凍っていたためあやうく転ぶ所だった。このまま冷え込むとアスファルトの路面も凍りそうな勢いだ。明日の朝が猛烈に不安。

グリップの良い靴で出勤しようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初雪

hatsuyuki先日から猛烈な寒波が日本列島に到来して、近畿でも日本海側や山間部で大雪に見舞われたりしてます。
昨夜は冷え込みが厳しく、とうとう我が家も初雪が降りました。といっても、うっすらと屋根や路面が白くなる程度なんですけどね。
当地は年に1度くらい雪が積もればいいほうで、ほとんど家庭の車はオールシーズンタイヤです。朝の早い時間に自宅の前を通る車が凍結した路面と悪戦苦闘しながら通り過ぎたりしてるのをガクガク震えながら見てたりしたんですが、お昼になればすっかり雪も溶けていつもどおりの風景に逆戻り。せっかくパッソのタイヤをスタッドレスに履き替えたというのにオイラといえば出勤のため徒歩にて出撃。残念(笑)。

聞けばあちこちで事故や渋滞があったそうな。今日はタイヤ屋さんは大繁盛だったろうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

中国のチベット問題余録

昨日のエントリにいただいたフランカーさんのコメントで思い出したのでちょっと書いてみる。

中国にも当然ながらネット環境があるわけですが、フランカーさんのおっしゃる通り、チベット関連のページは国家による検閲がかかる仕組みになっているらしく中国国内では閲覧できないらしい。それだけ中国共産党サイドとしては国内でチベット問題が浮上して国民に知れ渡るのは困るということだ。

その検閲システムは基本的に中国ネットの全域に配備されているのでチベット問題を扱うサイトは当然ながら、BBSやチャットで「チベット」というキーワードに反応して接続が切られてしまうのだという。

で、この仕組みを逆手にとって活用されているのが、ネトゲ(ネットゲーム、オンラインゲーム)なのだそうだ。オイラはネトゲやらないんですけどね。ここから先は同僚から少し前に聞いた話。

続きを読む "中国のチベット問題余録"

| | コメント (5) | トラックバック (1)

民主党前原代表の奮闘というか迷走というか

アメリカで中国驚異論をぶち挙げたその足で中国入りした民主党の前原代表だが、どうやら中国様のご機嫌を損ねたらしく、中国共産党指導部との会談は実現しなかった模様。

「中国脅威論」の前原氏、要人と会えず 足元からも批判
(朝日)

胡主席との会談実現せず=「問題永遠に解決しない」と不満-民主・前原代表
(ヤフー:時事通信)

どちらかといえば中国寄りなポジションだったはずの民主の代表が一体どうしたんでしょうかねえ。まあ、ヘコヘコと迎合するだけが外交ではないので作戦変更というのであれば「まあやってみなよ」という程度のまなざしで拝見させていただきますが、それにしても党内の低くないポジションから異論が出るようでは意思統一ができているとは言えない感じか。

この流れはアレなのか?シャドウキャビネットを経て政権交代するという路線から自民との大連立を選択するってぇことなのでしょうか。

そんな前原代表の思惑はさておき、彼の訪中でのこんなニュースが。ちょいと興味深いので記事引用してみる。

中国:前原民主代表の「軍事力脅威」発言に反論

【北京・西岡省二】民主党の前原誠司代表が中国の軍事力について「脅威を感じる」と述べたことに対し、中国の秦剛外務省副報道局長は13日の記者会見で「中国は歴史上、他国を侵略したり、他国の領土で殺人・放火をしたことはない」と反論した。

 秦副局長は「昨年の中国の軍事費は256億ドルだが、日本はその約1.62倍。日本は中国の25分の1の面積、人口は10分の1だ」と強調した上で「どこに脅威があるのか分からない」と述べた。

毎日新聞 2005年12月13日 19時21分

ベトナムとかチベットとか東トルキスタンとかに向かって同じこと言えるんでしょうか中国様は。

ある意味で、中国からこの発言を引き出したことが今回の最大の収穫とかいうことになるのかもしれないねえ。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

水戸黄門

昨日のエントリで松下の記事に触れてふと思い出した。

CM自粛中(とはいえ問題のヒーター回収告知CMは稼働中)の松下が一社提供してる「水戸黄門」はどうなるんだろう、と。
というわけで見てみると、回収告知CMのみが流れてる。

んー、なんかドラマの中身よりCMが気にかかるTV番組というのも珍しい現象ではあるな。

なんていうエントリを書いてる今現在まさに水戸黄門放送中なわけで、TVモニタに背を向けてせっせとキーを打つオイラはただ単に野次馬根性丸出しのお馬鹿さん認定をどこかから受けるのではないかと思う今日このごろです。

どんなことでもそうだが、一度失った信頼を取り戻すのは並大抵のことではない。

がんがれ、松下。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

日曜ニュース雑感

温風機中毒の公表前、松下が部品を無償交換(読売)
 現在、TVCMを全面的に自粛してる松下電気だが、これってどうなのよ?ヘタすると三菱自の二の舞になったりしないかと心配。

男女共同参画基本計画 「性差否定」を排除 山谷政務官(産経)
 暴走するジェンダー馬鹿には良い薬かと。

中国広東省、暴動鎮圧で20人死亡・米紙が報道(日経)
 やってくれますな中国様も。ていうか改革路線を謳ってるわりにその実、天安門事件当時とそんなに変わってないのかなという感じ。この調子で北京オリンピックに突入するとどうなるんでしょうか。

ポスト京都で「対話」の場 米、途上国含め決定(産経)
 環境問題は全地球的な問題なわけで、どこか一つの国でも欠けたまま進めても効果は上がらない。ことに経済大国のアメリカや人口大国の中国が抜けるのはよろしくない。そういう意味で今回アメリカをなんとか取り込めた状態で次に進める形にできたのは良かったんじゃないかな。

ソフトバンクの和田、仲根かすみと結婚(スポニチアネックス)
 ああ、あのオッパイが・・・orz
 あのソフトボールよりでかいオッパイを独占契約ですか和田さん。誰か独占禁止法違反で立件してください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ドイツ忠犬物語。・゚・(ノД`)・゚・。

ドイツで火災に気付いた犬が住人救う、自らは焼死

 [ベルリン 7日 ロイター] ドイツの2階建てアパートで火事があり、出火に気付いたシェパード犬が住人に知らせ、その命を救った。だが自らは窓を飛び越えられずに焼死してしまった。

 警察のスポークスマンは、「最初に犬が煙と火に気付き、ソファで寝ていた42歳の男性の上掛けをはぎ取った。その後寝室で寝ていた45歳と47歳の夫婦に大声で吠えて火事を知らせた」と述べた。

 また「3人が窓から飛び降りた時には既にアパートの最上階全体に火が燃え広がっており、不幸にもその犬は逃げられずに焼け死んでしまった」と話した。

 3人は犬の名前を叫び続けたが、シェパード犬は飛び降りるのが怖かったため逃げられなかったのではないとみられている。

ニュースのタイトルだけで泣けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHKのスクランブル化は是か否か

料金不払いが大流行してるNHKですが、諮問機関ではついにスクランブル化の案が出される模様。

NHKスクランブル化、経財諮問会議に提案へ 宮内議長
(朝日)

オイラはスクランブルでいいと思いますけどねえ。なにを渋ってるんでしょうかNHKさんは。
ぶっちゃけ現状でもNHKはBSデジタルのチャンネルについては未契約(申請)の受信機には(プチ)スクランブルとでもう言うべきテロップが流れる仕組みになっているのだから、技術的な準備という面ではさほど苦労はないでしょう。民間の有料放送は最初からスクランブルしてるし。

放送の公共性が云々とか言うならば、公共性の高い番組に関してはスクランブルを外せばいい。ニュースとか災害時の緊急放送とか、そういう時以外のNHK政策のプロジェクトXとか歌番組なんかはスクランブルかけたって問題ないでしょう。公共放送といいながらも娯楽や趣味性の高い番組だってたくさん放送してるんだからそうした使い分けはやってもいいと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初暖房

週明けからすっかり冷え込んできました。

たまらず今夜は暖房のスイッチを入れちまいましたよ。それにしても一気に冷えたせいかちょいと風邪ぎみかと思しき症状もあるのであったかくして寝よう。

それにしてもココログ重い・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐藤琢磨がホワイトバンドに賛同

元F1ドライバーの佐藤琢磨さんが、ホワイトバンドのCMに出演
(2ちゃんねる[芸スポ速報+])

確認のため、琢磨の公式サイトを覗くとリンクがありました。更にホワイトバンドの公式サイトを見ると、動画もあったあった。

ホントに出演したんだ、琢磨。
あのホワイトバンドに・・・

オイラはこのホワイトバンドには懐疑的です。貧困を救うためだとかいって実はホワイトバンドの売上からは1円も寄付されないという事実があったりとかでどうにも胡散臭い。

こういうサイトもありますよ。

ちゃんと理解したうえで参加したのかねえ、琢磨は。
ていうか冒頭のリンクが「F1ドライバー」になってるのがいちばんショックかもしれない・・・orz

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Amazonの年間販売ランキング~「マンガ嫌韓流」がトップに~

AmazonのBEST of 2005(和書)で、オイラも購入した「マンガ嫌韓流」が堂々の1位になってました。半年足らずでこの実績はすごいね。

あと、ランキングされたいくつかの作品についてちょっと書いてみたい。

続きを読む "Amazonの年間販売ランキング~「マンガ嫌韓流」がトップに~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国寄生虫キムチ業者が政府提訴だそうです

http://www.asahi.com/international/update/1201/018.html

自分の落ち度はスルーですかそうですか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

スタッドレスタイヤに交換

さてさて、すんげえ久しぶりのパッソ関連エントリ。

本人でさえこのカテゴリがあることを忘れていたという話は事実だったりますが、まあそんなことは気にせずに気が向いた時だけアップするうちの方針どおり行ってみよう。

20051203我が家の地域は基本的に雪は滅多に降りませんが、いざというときに身動きがとれなくなることを嫌う父の方針から、冬にはスタッドレスタイヤに交換します。標準のオールシーズンタイヤはファルケン製、スタッドレスとして我が家が採用してるのはブリヂストンのMZ-03。

実は昨年もこのタイヤを装着してたんですが、ぶっちゃけノーマルタイヤよりしっくりきますね。サイズも同じなんですが、ブリヂストン特有のサイドウォールのキリッとした形状からか、幾分ぶっとく見えます。ノーマルのはポワンと丸っこいんです。次にオールシーズンタイヤを交換する時はブリヂストンにしちゃいたくなるってもんですよ。

残念なのは、このスタッドレスタイヤ本来の性能を試す機会がまだないこと。一回くらいドカ雪が降ってくれないものかと勝手な願望を持ってたりしますが、降れば降ったで右往左往しそうで怖いなあ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はカレンダーの日

なのだそうな。

今朝の読売新聞の「編集手帳」で知った。

まあ、そんだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米でプルトニウム300キロ不明!?

プルトニウム300キロ不明 米研究所、核兵器50個分
(産経)

うーむ、これってちょいとヤバイんでないの?

仮にも核拡散にいちばん神経を尖らせてきたはずのアメリカでこういうことがあったってのはどうなのよ、と。単にどさくさに紛れて捨てちゃいましたとかいうならまだかわいいかもしれんが、最悪の場合は核物質が盗難にあってそれがどこへともなく運ばれて誰かの手に渡っているんだとすればガクブルものな訳で、国土のでかい某国がずさんだなどと責め立てる声もしぼんでしまいそうな感じ。

数年後に米で核テロでも起きて、実は自国の物でした。とかいわれた日にゃギャグにもなりませんわな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »