« あやかちゃんを救え! | トップページ | ブログ系ポータルの新星となるか?「話題の.jp」 »

マスコミに自浄能力はあるか

広島市の木下あいりちゃんが殺害された事件は、ともかくもその痛ましさが衝撃的に全国へ報道された。

ただ、その報道の過熱ぶりに目をひそめる向きも少なくないのが現状だ。事件現場や遺族の自宅、あいりちゃんの通っていた学校やその通学路にマスコミは大挙して押し掛け、辺り構わずに取材攻勢をかけてニュースの素材となりそうなものを先を争って漁りまくっている。同級生に「どう思う?」とか直接聞いている場面も報道されている。

遺族を筆頭に、関係者はみな胸を痛めている時に厚かましく押し寄せるマスコミのメディアスクラムは、ずっと昔からあったものだが最近はその横暴ぶりが指摘さてもいる。ただでさえ家族を失って打ちのめされている遺族に更に追い打ちをかける姿が批判の的になっている。

今回の被害者遺族も取材自粛を求めているが果たしてどれだけのマスコミがこれに応じるのだろうか。

そうした世論を背景にしたのかどうかは不明だが、警察が事件発表をする段階での被害者の実名報道の判断をするという、政府の「犯罪被害者等基本計画検討会」がほぼ原案どおり取りまとめられた。

犯罪被害者実名公表、「警察判断」盛る・基本計画検討会
(日経)

これまでは警察は事件の発表の際は被害者を原則実名で発表していたが、この基本計画が法案化されて実行力をもつことになれば、警察の判断で犯罪被害者の実名報道の判断をされてしまうことになる。そうなればマスコミは事件の取材に関しては大きな材料を削がれてしまい核心へと辿り着くことが従来よりも難しくなることは明白だ。

その危機感からか、朝日は今日の社説にこの材料を選んだ。

実名・匿名 警察の判断でいいのか
(朝日)

マスコミの危機感もわかる、政府や警察の判断もわからないでもない。ただ、今のマスコミ報道の現状を見れば政府の基本計画を押しとどめるだけの説得力をマスコミは持っているのかという疑問がある。過剰な報道を批判すれば「そのニュースを望んでいるのは大衆だ」と言うのかもしれない。だがその大衆の少なくない層から批判もされているわけで、どのニュースをどの分量で配信するのかというさじ加減は難しいところかもしれない。

だが、真実の報道と国民の知る権利を代表するマスコミであれば、高い意識をもってそのさじ加減をこなさなくてはならないだろう。無思慮に大衆の望むニュースだけを垂れ流すのは真実の報道とはいえない。かつてアメリカでイエロージャーナリズムが批判された過去もある。

高邁な理想をかかげるマスコミであれば、自らを厳しく律する義務がある。それができないなら「マスコミでございます」などと名乗らないでいただきたい。

自浄能力のない組織は遠からず瓦解する。
それは歴史が証明している。
マスコミがそれを知らないではすまされない。

|

« あやかちゃんを救え! | トップページ | ブログ系ポータルの新星となるか?「話題の.jp」 »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

犯罪被害者の実名発表について(http://erict.blog5.fc2.com/blog-entry-154.html)
メモ:報道キャスター関係者が被害者実名報道に提言(http://erict.blog5.fc2.com/blog-entry-173.html#more)
にもコメントしましたが当該テレビ討論・緊急提言では、

1.報道源を完全に警察におんぶに抱っこ。警察発表がなければ記事が成り立たないとは情ない。マスコミ独自の努力を放棄した感がある。

2.「メディアに対して信用しすぎ」と言いながら、一方ではメディアを信頼してくれと主張して一貫性がない。

3.被害者の匿名発表は「検証可能性を奪」うとするが、犯人を実名報道すれば検証可能性はあるはずである。

4.「何百年の間でどのくらい恐ろしいこと」「最近は、全体的に」「例えば今」と、都合のいいところで都合のいいように時間の概念を使い分けている。

5.「みなさん言っておきますけどね、ものすごい自分たちの首を絞めてますよ」などとは、霊感商法で使用する論法でまともな議論で使うべき言葉ではない。

6.匿名報道は実名報道に切り替えが利くが、実名報道を行った後は取り消しができない。

7.「貴方は犯罪被害者になったのであるからマスコミ被害を甘受する義務がある」などと言う権利が誰に、何処にあるのか。

8.一つの真実を追究するために99人の犠牲者を出しても止むを得ないとする論理には従うことはできない。一人が金持ちになるためには99人を搾取しても止むを得ないとすることと何処が違うのか?
犯罪被害者は山ほど存在する。しかしながら実名報道の利点を明らかにする例は極一握りであることは当該緊急提言に挙げられた例の数からも明白である。

9.ところで、現在のマスコミは加害者が在日外国人の場合において実名報道をせず、通称名をもってしているが、通称名は匿名と同じでそれこそ「リアリティ」と「インパクト」を報道側が恣意的にコントロールしている。したがって、マスコミも偉そうなことは言えない。

結論として、
マスコミは警察発表だけではなく積極的に個人相手の取材をなすべきではないか。
その上で、被害者が実名を承認するときは警察に届け出ることによって報道可能とする制度を提案すべきである。
匿名報道は実名報道に切り替えが利くが、実名報道を行った後は取り消しができない以上、これ位の手続を踏むべきだと考える

投稿: いざりうお | 2005.12.20 11:37

>いざりうお さん
長文のコメントありがとうございます。
まあ、マスコミ各位には後ろ指をさされないような首尾一貫した報道活動をしていただきたいもんです。
胡散臭い言動を繰り返す輩の言うことなんて誰も耳を傾けないですからね。

投稿: VINCO | 2005.12.20 22:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15430/7300627

この記事へのトラックバック一覧です: マスコミに自浄能力はあるか:

» テレビキャスターそろい踏み [【マスメディアが民衆を裏切る、10の方法】]
「犯罪被害者を実名で発表するか匿名で発表するかは、警察がそのつど判断する」という、「犯罪被害者等基本計画」への反対記者会見について。 [続きを読む]

受信: 2005.12.06 04:40

» 「実名報道」は誰の得になり、誰が損をするのか? [町人思案橋 (時事と常識戯問7問/平日)]
●●★●●●●7問中3問目 問題:「『被害者は実名発表に』ジャーナリストら緊急提言」(YOMIURI ON LINE 051208)●「犯罪被害者基本計画案」という法の原材料を政府で検討中だそうです●この案に、「被害者を実名、匿名のどちらで発表するかの判断を警察に委ねる」という内容が盛り込まれるとのこと。これを知ったマスコミ、とくにテレビの関係者が反対だと気勢を上げているらしい●騒いでいるのは21人の「ジャーナリスト」だそうです。そのうちの6人が昨日、赤坂のホテルで会見したとのこと。で...... [続きを読む]

受信: 2005.12.09 13:59

» 犯罪被害者の実名報道、メディア側が要望だって [戯言と音楽]
犯罪「被害者の実名」報道を、警察側の判断にせずマスメディア自らの判断で行えるようにさせてくれって内閣府に要望提出。あくまで「被害者」の「実名」を何の邪魔立てもせずに報道させろ、というのがメディア側の要請なのだ。警察側はあくまで捜査上必要ってだけであってメディアに「被害者の実名ならバンバン報道していいよ」っていう性質のものじゃないってことみたいだ。 いや、わかるよ気持ちは。加害者(逮捕された者と言う方が正しいかな)は罪が確定するまではあくまで容疑者であって、もしかして冤罪かもしれないから実名報道はたと... [続きを読む]

受信: 2005.12.16 21:02

» 被害者の実名報道はどうすべきか? [政治家・兄やんの一言モノ申すブログ]
被害者の実名報道をどうするか?これをマスコミにゆだねるか?警察にゆだねるか?ということだが、なかなか結論を出しにくい問題ではある。 当ブログでは、警察も含めた国や国家機関への不信感をあらわにしているが、それはマスコミに対しても同じなため、どちらも支持でき....... [続きを読む]

受信: 2005.12.28 03:54

« あやかちゃんを救え! | トップページ | ブログ系ポータルの新星となるか?「話題の.jp」 »