« 今日は振り替え休日 | トップページ | そうめん余録、もちむぎ麺も食す »

流しそうめんドライブ、リベンジ編

当ブログ開設以来の読者であればご存じの「流しそうめんドライブ奔走記」。去年の7月に慣行したこの旅は結局は流しそうめんを食べられずにすごすご帰ってきたのでございました。まあ余録もあったんだけどね。

で、今年こそ食うぞ、ということで再び行って来ました。

流しそうめんなんて、夏場になればけっこうどこでもやってるでしょ、とお思いでしょうが、目指したのはひと味違う流しそうめんだったのです。
その名も

滝流しそうめん!

渓流の対岸からといを渡してそこにそうめんを流して食すというスタイル。こうしたスタイルは日本広しといえども1件しかないという超レアもの。それが我が家から日帰りで行けるとなれば行かないわけにはいかんでしょう、というわけで愛機パッソを駆って出かけてきました。

同行者は去年、下調べを忘れるという失態を犯したちょび助。今年は去年の轍を踏むわけにはいかないので事前に確認しました。

オイラ「下調べはできてるな?」
ちょび助「ういっす、ばっちりOKです」
オイラ「地図で示せ、どこだ?」
ちょび助「ここっす」(リンクは8月いっぱい有効)
オイラ「どえー、戸倉峠まで行くんかいな」
ちょび助「なんとかなるっしょ」
オイラ「まあ、わかりやすいルートやしな」
ちょび助「あのー、去年のススキ原は・・・」
オイラ「あんなデンジャラスな所もうイヤじゃボケ」

20050806_01中国自動車道の山崎インターから国道29号線をひたすら北上。引原ダムを越えて戸倉スキー場の看板が見えたらもう少し先にその店はありました。本当にもう、山の中という感じで周りは植林された杉の木だらけ。花粉症のオイラは春先には来られそうにないですがこの時期なら問題なし(笑)。到着したのはちょうど正午前だったのでそこそこの混雑でしたが、お店のおばちゃんの話によれば「今日はまだそれほど混んでない」とのこと。ううむ、最盛期はこんなもんじゃないんだろうな。食券を購入して待つこと約10分。オイラの順番がきました。


20050806_02席につくとこんな感じです。川の水音をBGMに対岸からそうめんが流れてきて、それを受け止めるスタイル。対岸からの距離は30mはあるでしょうか。手前に届くまでにけっこう距離があるのでそうめんは細切れにばらけた状態でやってきます。とりこぼしても大丈夫なようにといの終端にはザルが置いてあります。当日のお天気は太陽がジリジリと照りつける炎天下でしたが、涼やかな雰囲気の中で食す滝流しそうめんはたいへん美味でございました。


20050806_03お店のある場所は戸倉峠の中腹にあるので曲がりくねった道が続いてました。その道中も楽しめるということでバイクも何台かきてましたね。あー、オイラもバイクで来たいもんですが、今はバイクなしの生活、ちょっと羨ましかったです。空気もいいし、ツーリングのルートとしてはかなりお勧めのスポットでもあります。


そんなこんなで、1年越しの流しそうめんドライブ、みごとリベンジを果たして帰って参りました。

お店のサイトもありますよ。
戸倉峠名物「滝流しそうめん」

|

« 今日は振り替え休日 | トップページ | そうめん余録、もちむぎ麺も食す »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15430/5360261

この記事へのトラックバック一覧です: 流しそうめんドライブ、リベンジ編:

« 今日は振り替え休日 | トップページ | そうめん余録、もちむぎ麺も食す »