« F1第9戦アメリカGP決勝・・・ | トップページ | のどごし<生> »

パワーゲームの成れの果て~F1アメリカGP雑感~

もう、あちこちでF1アメリカGPに関するエントリがあがっていて、とても全ては読みきれない状態。

うちでもとにかく一言書いておこうと今朝方アップかけようとして失敗続きで何度もアップロードかけて確認する間もなく出勤。帰宅して自分のブログを見たら猛烈な重複エントリになってた。よそ様にTBかける前でよかったよ。

まあ、それはさておき。
今回のアメリカGP雑感、なるべく冷静に書いてみようか。

まず、ことの発端はミシュランタイヤの性能に問題があるということが発覚したということ。

今年のレギュレーションではレース中には原則としてタイヤ交換は許されない。バーストや脱落などの物理的に走行が不可能な状態に限り、該当するタイヤのみを交換することができる、ということになっている。

金曜日のフリー走行で、トヨタのラルフがタイヤの原因によるクラッシュを喫し、次いで同じトヨタのサードドライバーであるゾンタも同様のトラブルでコースアウトしている。原因究明の結果、トヨタ勢の相次ぐトラブルはミシュランタイヤの性能に問題があるという結論にたどり着いた。最悪の場合、決勝レースを最後まで走りきれない可能性があるのだということだった。
これを受けてタイヤサプライヤーであるミシュランをはじめとして、ミシュランタイヤユーザーの各チームはFIAに対してミシュランが手配しているという代替タイヤの使用許可を求めるも却下。決勝レースを走りきれない可能性のあるタイヤをエア圧調整するなどしてなんとか使う方法もあったが、根本的な原因がはっきりしないために対策したとしても万全といえるものがないということでこれも断念。後になって最終コーナー付近に急遽シケインを作って最高速を抑える方策を打診するもFIAは却下。万策尽きたとして、ミシュランユーザーの14台はフォーメーションラップの後グリッドにつくことなくピットに帰り、ブリヂストンユーザーの6台(フェラーリ、ジョーダン、ミナルディ)だけで決勝レースがスタートした。決勝リザルトは多くの人が知るとおりである。

(すいません、ちょっとキレます)

そもそもがレースを戦いきれんようなヘタレタイヤを持ち込んだミシュランが悪いんやんけ!ブリヂストンはちゃーんと最後まで使えるタイヤ用意してきとるちゅーねん。自分の不始末を「遺憾に思います」とかふざけんなボケ!これでトヨタの初ポールも台無し、期待しとった琢磨のマクリもおあずけやんけアホンダラ!

当分ミシュランは買わん!

(ちょっとスッキリ)

視点をかえよう。
今回はミシュランユーザーの全チームが揃ってボイコットしたわけだが、果たしてそれが最善の策だったのか。年間を通したチャンピオンシップを考えれば、どのチームも、たとえ1ポイントでも稼いでおきたいと思う。特にタンク問題でいちゃもんをつけられてせっかくのポイントを剥奪され、更に2戦出場停止の憂き目にあったBARなどは喉から手が出るほどポイントが欲しいはずだ。

チーム事情を考えれば抜け駆けしてでも参加する所がひとつくらいあってもおかしくないのだが、そうはならなかった。まるで党議拘束がかかっているかのごとく「ミシュラン党の面々」は整然とピットロードに入ってきた。ここらへんになんだか政治的な匂いがプンプンするのだが。

まあ、安全性に関する保証のないタイヤで戦う危険を冒すのは無意味だとか、レギュレーションを盾に頑固一徹で融通のきかないFIAに対する抗議の意思表明として一致団結するという姿勢を見せるとかいうパフォーマンスの意味もあったかもしれない。彼らに「本音の所はどうなのよ?」と問いただしても、それぞれに事情も違うだろうし、当たり障りのないコメントでのらりくらりとはぐらかされるのがオチだろう。

FIAへの求心力の低下だとか、別リーグ設立の布石だとか、いろいろ予見もできるんだろうけど、そんなものはF1という世界最高峰のモータースポーツに付随する「余録」でしかない。そんな所を楽しみたくて僕たちはTVを見たりサーキットに足を運ぶわけではない。

シンプルに、世界最速のガチンコバトルが見たいだけ。

以前にも書いたけど、F1てのはプロスポーツでありエンターテイメントな訳だ。そのF1を支えているのは世界中のF1ファン。お目当てのドライバー(チーム)の走らないレースなんか見ない。サーキットから観客が帰っていくのは当たり前のこと。ふざけんな金返せとブーイングされるのも当然。今回の不始末に関しては全てのレース関係者は真摯に受け止めてもらいたい。あんた達のメシの種なんだからね。

パワーゲームも結構だけどさ、そんなものはピットロードより後でやっててください。

|

« F1第9戦アメリカGP決勝・・・ | トップページ | のどごし<生> »

「2005年F1」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

「モータースポーツ」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。TBありがとうございました。
おっしゃることいちいちごもっともです。
特に、
>当分ミシュランは買わん!
っていうのは、アメリカ中で叫ばれていそうです(^^;;

今年はいやなことが多くて(と言いつつ、せっかくサンマリノみたいないいレースもあったのに)、早くレース自体に集中したいものです。

投稿: Shin | 2005.06.21 02:24

>>Shin さん
コメント&TBありがとうございます。
ミシュランは早速、株価が下落したとか(笑)。
怖いのは訴訟大国のアメリカであんな醜態晒したわけで、観客が怒ってチケットの払い戻しと損害賠償を含めた集団訴訟とかされたりしないかなと老婆心ながら心配してたりますが、どうなることやら・・・

投稿: VINCO | 2005.06.21 19:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15430/4642699

この記事へのトラックバック一覧です: パワーゲームの成れの果て~F1アメリカGP雑感~:

» とりあえず何事もなく終わってよかったなぁ・・・(F1第9戦 アメリカGP 決勝) [Sky's The Limit]
前のエントリでチカさんに受けたので、またウケを狙ったタイトルつけようか、と・・・。 言いたいことはとりあえず、無理に走ったりして大事故が起きたりして、取り返しのつかないことが起きなくてよかった、ということにつきますね。死亡事故、見てますから...... [続きを読む]

受信: 2005.06.21 02:19

» 最悪の事態!ミシュラン勢レースボイコット。 [佐藤琢磨応援日記]
ミシュラン勢の動向に注目が集まった、 アメリカGP決勝ですが、最悪の事態になって しまいました。ミシュラン勢はスターティンググリッド にはついて、フォーメーションラップには参加しましたが そのミシュランユーザーが全車ピットイン。 そのままガレージに収まり、ブリジストンタイヤ勢の フェラーリ、ジョーダン、ミナルディの6台でスタートする と言う前代未聞のグランプリになってしまいました。 B... [続きを読む]

受信: 2005.06.21 09:09

» 史上最低のF1グランプリ [:::kazu-style.com:::]
エンターテイメントの本場、アメリカ。そのアメリカに乗り込み、かたくなにルールを守ったヨーロッパ伝統のF1。 久しぶりにアメリカ上陸を果たし、伝統的なインディでF1を走らせることに成功し前途洋々だったF1ワールドに暗雲がさしはじめたのはフリー走行。ラルフ・シューマッハがインディ伝統のバンクでタイヤバーストを起こし、大クラッシュ。これはミシュランが新しく持ち込んだタイヤに問題があるというリリースが出され、混乱が始まった。ミシュランは新しいタイヤを持ち込んで対応しようとしたが、FIAはルール上認め... [続きを読む]

受信: 2005.06.21 10:06

» F1第9戦アメリカGPレース結果 ミシュラン勢レースをボイコット! [英国写真とF1]
ミシュラン使用7チームはフォーメーションラップのみで、すべてピットに戻り、スターティンググリッドはブリヂストン使用3チーム。フェラーリ、ジョーダン、ミナルディでレーススタート。 ............................................................................. ミシュランはF1チームにタイヤを供給する能力はない。早急に撤退してほしい。またFIAは、ミシュランとボイコットした7チームに断固たる処分を下すべきだ。 ......... [続きを読む]

受信: 2005.06.21 17:44

« F1第9戦アメリカGP決勝・・・ | トップページ | のどごし<生> »