« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月

マルボロが本国仕様に

その昔、日本では輸入品を「舶来品」という名で呼ばれた時代がありました。そんないろんな舶来品が珍重された中に、外国産のタバコは「洋モク」なんて呼ばれてたりしたものです。

マールボロ、4月で国産終了 32年ぶりに米から輸入へ
(産経新聞)

オイラも一時期、マルボロを吸ってました。
もちろん国内生産になってからのものなんですが、たまに海外旅行のおみやげとかでもらったマルボロと吸い比べるとちょっと違うな~という感じではありました。

普段、マルボロと呼んでるけど正確には「マールボロ(Marlboro)」なんだよな。最近はテレビCMも自主規制がかかって見れなくなったけどね。外国産タバコのCMってなんだか不思議な感じだったなという風に覚えています。ラッキーストライクとかは意味不明だった(笑)。

モータースポーツの世界では現在のところ主要なスポンサー企業だけど、時代の流れは確実にタバコ規制の方向に向かっており、2006年をもってF1からタバコ広告が消えることになりそう。となると主立った所ではフェラーリやルノー、BARなんかが大きく様変わりをすることになるんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リッチテンプレートにしてみました

というわけでこんな感じです。

ココログ側が提供するデザインがそこそこ充実してきたんであれこれと悩んだんですが、ひとまずはこのカエル君でやってみたいと思います。デザインの雰囲気からして、梅雨明けくらいまでは使う感じですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「電車男」製作ブログが開設されたわけだが

以前にも紹介した映画版「電車男」。
ココログで製作ブログが開設されたらしい。

「電車男」製作日記

記事を読んだが、先月から撮影は始まっていて、どうやら今日(4月28日)で撮影そのものは終了となるとか。
なんだそりゃ、って感じなんですが。

製作日記の日付は撮影日に準ずる記述になっているのだが、エントリの更新日時とのズレが約1か月あって、それってブログで書く日記としての意味はあるのかと疑問。どうせなら製作初日からリアルタイムで同時進行してなくちゃならんのではないのだろうかと思うのだがいかがなものか。
そもそも「電車男」は2ちゃんねるのスレから始まり、その「即時性」がひとつの魅力であった訳で、そうしたライブ感を過去ログやまとめサイトで追体験してきた人が大半なのだ。できることなら現在進行形のスレに参加したかったであろう人達にとって、1か月も時差のある撮影日記にどれほどの意味があるのだろう?少なくともオイラにとっては事後確認のためのソースのひとつにしかならないような気がする。

初手からつまづいたと見えるこのブログ。
ここからどのようにして公開日までもっていくのか、そこを生暖かく見守りたいと思います。ハイ。

まあ、とりあえず予告編とか見られるんで映画の予習用として利用するのがよろしいかと。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

気が付けば500エントリ&40000アクセス

というわけで、今回のエントリでこのブログを開設してからちょうど500エントリとなりました。

継続は力なり、ってか。
アクセス40000突破は、まあこんなもんかな、と。
とりたててこだわった記事に集中してるわけでもなし、やたらめったらTBを打ちまくることもせず、淡々と書き連ねてきたわけですから特別なこともあるわけもない。

まあ、これからもちまちまと書いていきますんでよろしくです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

F1第4戦サンマリノGP決勝

昨日の尼崎脱線事故でF1エントリを書く気になれなかったが、ひとまずリザルトと総括だけでも。

続きを読む "F1第4戦サンマリノGP決勝"

| | コメント (2) | トラックバック (3)

痛ましすぎる・・・

帰宅してからF1の録画を見直そうとしたらとんでもないニュースでテレビはてんやわんや。

尼崎脱線事故
(毎日新聞)

まだ情報が錯綜して原因が特定されてないようだげど、死人が多すぎる。
犠牲者のご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花粉症

過去最大級の規模で花粉が吹き荒れる今シーズン。
地元ではどうにか収束傾向になってきましたが、あたしゃここにきて症状が悪化してきました。あう~。

ティッシュは数日で空になるし、目が痒くてかきまくったら目の周りの皮膚が薄くなったせいかじんわり痛い。目薬をさしたらすり切れた皮膚にも染み込んで痛いのなんの(笑)。いやー笑いごとじゃないんですが・・・

スギ花粉のない沖縄か北海道に行きたいッス。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

本末転倒というかなんというか

昨日から大きく話題となっているウイルスバスターが原因によるPCの不具合大量発生事件。新聞でも昨日の夕刊や今朝の朝刊でも1面扱いになり、ブログでもこの件で大量のエントリが流れるなど、被害規模の大きさと関心の高さがうかがえる。

この、ウイルス対策ソフトが原因でPCが不具合を起こすという、本末転倒というかなんというか、被害のない人にとっては笑い話程度かもしれないが、いざ自分が被害に遭うと怒り爆発なのかもしれない。
当のオイラといえば、先日のエントリでも触れたようにトレンド社ではなく米シマンテック社の「ノートン」を利用していたので今回の事件にまつわる被害は直接には受けてません。

トレンドマイクロ社の不始末は指摘されてしかるべきだが、これでトレンド社としても一層の対策はとるであろうし、競合他社についても今回の事件を教訓に企業努力はされるだろう。ウイルス対策というデジタルネットワーク界においては基幹サービスは数社が切磋琢磨してレベル向上をはかっていくのが望ましいので、ここで簡単にトレンド社には潰れてほしくないという思いがある。まあ、そんなことにはならないだろうけど。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

F1第4戦サンマリノGP予選初日

いよいよヨーロッパラウンド突入のF1。

リザルトによると、ひとまずトップに立ったのはマクラーレンのキミ・ライコネン。
次いでアロンソ、ミハエルか。個人的に予選タイムの1%落ちがひとつの目安としてるのでその基準でみると8位のブルツまでが入る。ってブルツ懐かしい名前だな。
琢磨は約1秒落ちの10番手。明日の2回目でどれだけ挽回できるかが肝ですな。とはいえ、バーレーンからの3週間の間にだいぶマシンも良くなってきたらしく、これでしっかり完走できるマシンになっていれば決勝でもなんとかやってくれるのかもしれないと期待。

さて、どうなる?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

サマータイム法案提出へ

サマータイム法案 超党派議連が提出へ
(東京新聞)

サマータイム、日本じゃ馴染みがないですが、戦後の一時期に実施されていたそうです。

日本におけるサマータイム
(Wikipedia:サマータイムについて)

正直、やってほしくねえな。
いまより1時間早く起きるのが辛いってだけですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅の豚

ヘロヘロで帰ってきたら放送してた。
まあ、いつでも見られるからいいんだけどね。

ジブリではいちばん好きな映画です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うおー、今日のチャングムみて泣いた

いかん、こういう直球のネタにオイラは超弱い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノートン先生がうるさい

セキュリティソフトにノートンを入れてるのだが、更新1か月前になると頻繁に更新しろというメッセージがでてきてうるさい。こっちにはこっちの都合があるんだからもう少し待て。ちゃんと金払うから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

万引き女が死亡した件について

なにやら香ばしい事件が起きたようだ。

場所は大阪の大型書店・旭屋
30歳くらいの女が万引きして店外に脱出
 ↓
私服警備員が声をかける
 ↓
女、激しく抵抗
 ↓
警備員、応援を呼んで二人ががりで取り押さえる
 ↓
通報により警察官到着、女はぐったり
 ↓
救急搬送するも、女は死亡

続きを読む "万引き女が死亡した件について"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Firefoxにもセキュリティ・ホール

あいたたた・・・
ついこないだIEのセキュリティ・ホールの記事をネタにでさんざんMSをこき下ろしたエントリを書いたばかりだというのに(笑)。まあいいか。

とりあえず、ソース。
Firefoxのセキュリティ・ホールを突くコードが出回る
(日経bp:ITニュース)

すでに対策バージョンがDLできるとのことなのでひと安心。
http://www.mozilla-japan.org/products/firefox/

というわけでオイラは早速DLしてきました。
上書きインストールしてエマ見て寝ようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

MotoGP第2戦ポルトガル決勝~セテよ、鬼になれ~

さて、G+契約してない貧乏人のMotoGPエントリ(自虐)。
ほとんど備忘録くらいの意味しかねえな(笑)。

まあ、備忘録には備忘録の魅力があるということで。

続きを読む "MotoGP第2戦ポルトガル決勝~セテよ、鬼になれ~"

| | コメント (4) | トラックバック (2)

責任をとりたがらない日本人にとって、裁判員制度は良い刺激になるのかもしれない

昨日のニュースで裁判員制度に対して国民の約7割が参加したくないという反応を示したことが内閣府の調査で明らかになった。

裁判員制度、7割が「参加したくない」…内閣府調査
(読売オンライン)

当ブログでも過去にこの制度については触れてきたんだけど、制度が始まるとされる2009年5月までにはまだ時間もあることだし、時間をかけて理解を深めていってもらうことが必要なんだろうなとは思う。
ただ、今回のアンケートでは参加したくない理由としては、有罪・無罪の判断の難しさや他者を裁くことへの抵抗感といった内容が多かったようで、単純に面倒くさいとか忙しいとかいう理由は少数派だった。それだけ、この制度がどういう性質のものであるのかという認識はある程度深まってきているのかもしれない。

続きを読む "責任をとりたがらない日本人にとって、裁判員制度は良い刺激になるのかもしれない"

| | コメント (0) | トラックバック (4)

MotoGP第2戦ポルトガル予選

さてさて、間を空けずにMotoGP第2戦。
ポルトガルはエストリルサーキットでございます。

去年はここで玉やんがロッシを押さえて優勝したことを思い出させますが、今年はどうなるのかと予選のリザルトを見ると・・・

続きを読む "MotoGP第2戦ポルトガル予選"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

DVD-Rメディア検証結果

先日購入したDVD-Rは以前のエントリでも紹介したとおり。

で、20枚ほど使ってみた結果をメモしときます。

録画機材:DVR-HE700(三菱電機)
使用メディア:DRC47-8X50PW(リーダーメディアテクノ)

24枚使用時点での結果
エラー発生枚数:3枚
エラー発生率:12.5%
(あくまでも我が家での検証結果であり、これが等しく通用するデータではないことを付記しておきます。)

というわけで結構なエラー発生率でした。
エラー率をどれくらい許容するかは個人によって別れる所なんだけど、金銭的な損失よりもオイラとしてはエラーに至るまでの時間的損失の方がダメージがでかい。それ以上に「またやり直しかよ~」という精神的ダメージがキツイっすね。
ひとまずはこのブランドは購入対象からは外すつもり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

”TBP -MotoGP-”とは?

”TBP -MotoGP-”とは?

ブログサービスのひとつとして利用させていただいている”Blogpeople”のサービスのひとつに” トラックバック・ピープル”というサービスがあります。
いくつかのカテゴリの中から好きなものを選んで、決められたトラックバックURLをエントリーをアップするときに一緒に組み込めば、このTBPを表示設定している各ブログに反映されるというものです。興味のあるジャンルに関連した最新記事を検索することなくクリックして見ることができるので便利だなー、ということで当方のブログでもF1関連TBPでの採用に続いてMotoGP関連TBPも設置することにしました。

で、この”TBP -MotoGP-”はもちろんMotoGPに関連したTBのものです。
設置してみたいなー、という人はこちらに詳しい設定方法がありますのでご覧ください。

設置しなくてもTBだけを送ることもできます。

トラックバック先URL:
http://member.blogpeople.net/tback/00771

| | コメント (0) | トラックバック (0)

"TBP -MotoGP-"を追加しました

ブログ関連サービスでお世話になってる「Blog People」。

そこのサービスのひとつに「トラックバックピープル(以下、TBPと省略)」というのがあるのはご存じの通りで、去年からはオイラもF1関連のTBPを設置してました。で、この度、MotoGP関連のTBPも追加しましたのでご報告。

また、これを機にサイドバーの配置も若干変更してます。
これまで左側に措いていたF1用TBPと一緒に右側に移動。ちょっと下方向にスクロールしていただくことになりますが、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「エマ」雑感

さて、先週から一部地域で放送開始された「エマ」。
テレビでの正式タイトルは「英國戀物語エマ」。
ていうか「戀」なんて字、知りませんでした。
まあそれはさておき。

とりあえず、これまで2話分が放送されたわけだけど、どうなんだろうか。ざっくりと感想をメモしてみよう。

続きを読む "「エマ」雑感"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国LGがBARのスポンサーになるかもしれないというニュースについて

ちなみにソースはこちら。

『LG』、B.A.Rチームのスポンサーに?
(@Nifty:F1ニュース)

あの国のあの法則が発動したら困るんで勘弁してください。

ちなみに「あの国のあの法則」ってのは、こことかこことかここなんかを見てもらえればある程度わかるかと。まあ、法則の真偽については諸説あるらしく信じる信じないは個人の見解にまかせるものでしょうが、君子危うきに近寄らずとも申しますので。ハイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

警察庁HPがサイバー攻撃でダウン?

いま、NHKのニュースをみていたのだが、警察庁のHPがサイバー攻撃を受けて404らしいとのこと。
ためしにアクセスしてみたが、やはり404。というかFirefoxだと真っ白。

犯人は現段階では特定されていないらしいが、タイミング的に中国の反日勢力が扇動しているでは、との観測がでている。
反日デモで過激な行動に出られないストレスからなのか、中国人にも暇人が多いということか。

脊髄反射してしまうオイラのようなバカが増えるのでこうした行為は慎んでいただきたいものです。ハイ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

またしてもセキュリティ・ホールです

マイクロソフトは4月13日,WindowsやInternet Explorer(IE)などに関するセキュリティ情報8件を公表しました。
うち5件は「緊急」という危険度が最大のもの。

いつまでたっても万全のモノにはなりませんな。
まあ、そういうもんだということでw

WindowsやIEなどに危険なセキュリティ・ホール,すぐにパッチの適用を
(日経BP:IT Pro)

というわけで、さきほど Windows Update 経由でパッチをインストールしましたが、意外と時間がかかりました。ブロードバンド回線でも10分くらいかかるかも。まあ、マシンの性能にも左右されるとは思うのでひとつの目安としてお考えくださいまし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残酷な現実に直面した

明日も仕事だというのにまだ起きてます。

4月10日のエントリでも書いたのですが、今年からMotoGPはNHKでは放送されなくなり、本格的に見たいならG+しかなく、結局は第1戦を見ておりません。
で、先のエントリでは触れなかったのですが、地上波では日本テレビ系列が1週間遅れで1時間枠の放送をする予定となっていたのを頼みの綱としてました。

しかし!


さきほどネットでTV番組を確認したところ・・・

関西では放送されません。orz

ちなみにこんな感じ(リンク先はいずれもヤフーTV)

16日東京
16日大阪

音楽戦士ってなんやねん、知らんがなそんなん(涙)。
これでもう絶望です。

ああ、どうしてくれようか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Xboxの次世代機をMTVで先行公開

次世代Xboxを発表する特別番組をMTVが放映。MTVジャパンでの配信も検討
(ブロードバンド・ウォッチ)

だそうです。
プレスリリースもあります。

でもまあ、MSだしな。
よほどのキラーアイテムがでないとオイラは買わないだろうな。

とりあえず、5月18日からのE3を目前にして他者に先駆けて発表して話題作りをしようということですな。
優れたマシンも大事だけど、優れたソフトを配信してくださいなということでユーザーになるかもしれない一人としての意見としてご高配を賜れば幸いでございます。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

MotoGP第1戦スペイン決勝

さて、映像を一切見ないままに第1戦結果を見る(悲)。

リザルトはひとまずトーチュウのフリーコンテンツを参照。
第1戦スペインGPリザルト
(トーチュウ:F1エクスプレス)

・・・ロッシ強ぇな。

続きを読む "MotoGP第1戦スペイン決勝"

| | コメント (3) | トラックバック (2)

さて、MotoGP開幕なわけですが

F1に続いて4月10日からMotoGPが開幕です。

他のブログなどでもかなり話題になってましたが、昨年までNHKのBS-2で放送されていたMotoGPがうち切りとなり、国内での放送は絶望かと思われていましたが、直前になりCS放送のG+が予選も含めて放送することになり、胸をなで下ろした人も多かった。

だがしかし、CS放送(もしくはケーブルテレビ)ともなれば契約に二の足を踏む場合も多く、実際に契約料金を見るとけっこうな額で、オイラの懐事情ではおいそれとは手を出せない。ええ、負け組ですがなにか?
まあ、MotoGP以外にもいろんなスポーツ番組を見られるのはいいのですが、他のジャンルには興味ねえよという人にとっては無駄に金を払う感覚が拭えない。ではPPVでどうだとなるけど、これはこれで個別にその都度契約する煩雑さがついてまわる。
また、デジタル放送は(基本的に)HDDレコーダー等からDVD-Rへの「書き出し」ができないときていて、個人的にはここがデジタル放送契約に踏み切れない最大のファクターとなっている。

ではDVDのパッケージとして購入する可能性は?、ということで探せばあるもので、「ウィック・ビジュアル・ビューロゥ」という会社が毎戦のレース内容を1枚のDVDにしてデリバリーしてくれるサービスもある。とはいえこれも年間契約料は33,660円(税込)と、なかなかな値段です。

あとはMotoGPのオフィシャルサイトでの有料コンテンツ契約。これが現状ではいちばんコストパフォーマンスは良いけど手元に映像を残せるのかが不明(たぶん無理っぽい?)。

なんにせよ、今年のMotoGPは手軽に映像を見ることは難しい情勢。ひとまずはモタスポ関連サイトでの情報収集でお茶を濁すしかないかな~。いよいよとなればケーブルテレビ契約するかもしれませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「コラテラル」DVD購入

昨年、映画館で見た「コラテラル」。

オイラ的にはけっこう気に入った作品だったのでDVDを買いました。映画そのものの感想なんかは以前のエントリで紹介したとおりなんで割愛。

ボーナスディスクの内容は主要メンバーのインタビューやメイキング映像、未公開シーンといった定番の内容ながら、やはり作品をより深く掘り下げて見るには好材料。「えっ、あのシーンは×○だったのか」というサプライズを加えられます。
おまけのオマケとして、もうじき公開となるトム・クルーズ主演作「宇宙戦争」のチケット応募券が同封されてたので応募しときました。

コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション
トム・クルーズ マイケル・マン ジェイミー・フォックス ジェイダ・ピンケット=スミス

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「電車男」映画化でヒロインは直球かよ

2ちゃんねるで話題となり、書籍化までされた「電車男

いよいよ映画化されることになったわけだが、ヒロインはまんま中谷美紀というわけで、そりゃまあスレの流れからヒロインの「エルメスたん」は中谷美紀似ということだったし、映像化されるならご本人がいちばん適任なんだろうけど、オチなしなのかそうなのか。

エルメス・中谷はオタクの味方
(デイリースポーツ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦艦「大和」沈没から60年

「大和」犠牲者安らかに 沈没60年、呉で慰霊の献花
(中国新聞)

犠牲者のご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しまった、エマ放送開始してたよ

さんざん持ち上げておきながら、放送時期等の告知をし忘れていたエマですが、実は昨日から一部地上波民放にて放送開始されました。
んで、事前にHDDレコーダーに録画予約を入れておいたんですが、あろうことか野球中継の延長で指定していた時間には別番組が・・・(涙)。
初っぱなから見逃しかと思われたのですが、弟がしっかり録画してくれてたので事なきを得ました。

というわけで、今から見るっす。
そうそう、最新第5巻も絶賛発売中です。

エマ (5)
森 薫

エンターブレイン 2005-03-31
売り上げランキング : 17
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あなたのいない間に・・・

静まりかえった暗い部屋。

部屋の主の気配は・・・ない。
男はゆっくりと部屋を見渡す。
かすかに漂う残り香が、不在である主の性別を主張していた。

―――女、独身か。

キッチンのシンクには、僅かに赤い液体が残ったワイングラスと、ひと欠片の食材の残る白磁の皿が一枚。
―――ラザニアか?

ベッドメイクの解かれたシーツは波打っている。
男はシーツにそっと触れてみた・・・
かつてあったはずの温もりはとうに失われていた。

ベッドサイドの床に広がっている布があった。
手に取ると、ポリエステル製のスリープウェアだった。
男はスリープウェアのタグを見た。

"VICTORIA'S SECRET"

男はスリープウェアを握りしめ、肩を震わせはじめた。
押さえきれない衝動がこみ上げてくる。
やがて、こらえきれなくなり、男は天井を見上げて叫んだ。

続きを読む "あなたのいない間に・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

F1第3戦バーレーンGP決勝

レース観戦直後にエントリを書く余裕がなかったので、簡単に。

リザルトはひとまずヤフーオフィシャルサイトで確認。

改めてトヨタの堅調ぶりに感慨ひとしお。去年までのまろやかな下位低迷ぶりとの落差にいまもって違和感を抱きつつも日本勢の活躍には素直にエールを送りたい。とにかくエンジンの信頼性なんだろうな。そのうえでエアロを強化して今年の活躍がある、と。トヨタは今年はまだエンジントラブルでリタイヤしてないというのが素晴らしい。
(今回のバーレーンではジョーダンのナレインド人がリタイヤしたが電装系という情報)

前倒しでF2005を投入したフェラーリだったけど、詰めきれてないマシンの不安定さが露呈した形か。序盤はトップのアロンソに食らいついていた顎兄は油圧計のトラブルでリタイヤ、バリチェロも頑張ったが終盤には失速。2戦続けて周回遅れにされるフェラーリというのはちょっと記憶にない。

B・A・Rはとにかく完走できるマシンを仕上げてくれと1万9千回コピペしたい気分。マレーシアでは見事なシンクロナイズド・エンジンブローで一部の辛口批評家の餌食にもされたが、今回はエンジンこそブローしなかったものの、琢磨はブレーキ、バトンはミッショントラブルでともにリタイヤ。後方のグリッドから果敢にジャンプアップしたので期待しただけに悔しくてたまらない。歯車がかみ合わない時というのは不運が続くものだとつくづく思った。

光っていたのは怪我で欠場となったモントーヤの代役で出走したペドロ・デ・ラ・ロサか。それなりの実績もあるドライバーだし、いつまでもサードドライバーにしておくのはもったいないと思うチームが声をかけてくるかもしれないね。

さて、3週間のブレイクの後はいよいよヨーロッパラウンド。
いちばん気合いを入れてくるのは地元のフェラーリだろう。ティフォシの前で無様なレースをした日にゃ暴動モンだし。
エンジンに自信のあるトヨタも表彰台の頂点を目指してくるだろう。B・A・Rはとにかく完走してくれと祈る気持ちでいっぱい。

| | コメント (2) | トラックバック (5)

深夜のモタスポ談義

昨夜遅く、馴染みの友人来訪。
先日、熱海へ旅行してきたとかでおみやげをもってきてくれた。彼には鳥取旅行のおみやげを渡していたのでその返礼も兼ねてのことかもしれない。旅行の話でもひとしきり盛り上がったのだが、ともにモタスポファンということでメインは今年のF1にうつっていった。


日本人として気になるのは、やはりトヨタとホンダ。
今季のトヨタの躍進ぶりに驚喜しながらもホンダの不甲斐なさに落胆。かつてホンダがF1を制したいわゆる「セナプロ時代」が懐かしいなどという話の流れから、なんとなく最近のホンダには持ち味である「チャレンジング・スピリット」が見えてこないという意見で一致した。

F1に本格参戦していた時代のひとつのエピソードとして、あらゆる状況で最適なパワーを得るために、吸気マニホールドに取り付けられたエアファンネルをアクセル開度に応じて調整する機構を導入したことをあげて彼は「あれは痺れた」とため息をもらした。細かい所はもしかしたら違うかもしれないが、とにかく速く走るための方策を、あらん限りの知恵と技術を総動員して試行錯誤していた当時の「空気」というものが、たしかにあった。
そして現在のB・A・Rホンダには、悲しいかなそういったチャレンジング・スピリットを匂わせるエピソードが見えてこない。もしかしたら今もホンダ陣営の中にはそれが連綿と受け継がれているのかもしれないが、少なくとも末端のモタスポファンである僕たちにまでは届いてこない。それは伝える側の不備かもしれないし、知ろうとする僕たちがそういったものを探す努力が足りないのかもしれない。いずれにせよ少なくとも僕が「すげえ!こんなことやってるのか!」と驚嘆するエピソードに触れることができないでいる。それがなんだかもどかしい。

このエントリを書いているのが正午すぎ。
日本時間の夕刻16時半には2回目の予選が始まる。改良型が投入されるというサンマリノまでは我慢のレースになるのかもしれないが、B・A・Rには、琢磨にはぜひとも僕たちを熱くさせるパフォーマンスを期待したい。
「やっぱりホンダってすげえ!」と唸る日を楽しみにしてる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

F1第3戦バーレーンGP予選1回目

琢磨も復帰のバーレーンGP。

とりあえず予選1回目が終了したのでリザルトを確認。

ルノーのトヨタの2強(!)に割って入ったのはこのレースから新型を投入したフェラーリの顎兄貴。さすがですわい。
それにひきかえB・A・Rの不甲斐なさが嘆かわしい。トップから1秒遅れというのはかなり厳しいんじゃないかと。リザルトページにあるセッションレポートによると、B・A・Rは次戦のサンマリノから改良型を投入するらしいが、どうなんだろうなあ、期待はするけど、どうなのよホンダさん。とはいえ琢磨にはぜひともトップ争いに加わってもらいたいのでキチンと車を仕上げてきてもらいたいもんです。ハイ。

| | コメント (0) | トラックバック (8)

ニュース雑感

ソフトバンク:ホークスVIP会員、ネット競売で募集

 今年からソフトバンク・ホークスとなったわけだが、いかにもな集客手段で話題作りとしてはよろしいのではないかと。出品ページをみるとけっこうな人が入札してる。ひとまずはプラチナ会員の値段(15万)よりは高い額で最高落札額が出ているが、落札日までには日があるのでこれからの値段の推移がどうなるかがひとつの見所か。
 ホークスファンの切込隊長は入札するんだろうか?

国立公文書館、所蔵資料をネットで検索・閲覧できる「デジタルアーカイブ」
 
 試しにちょっと検索かけてみたが、目録までは出るがそこから先の詳細については文書で請求を出さないとダメっぽい。請求書を印刷できるのだが、Firefoxではヘンテコな状態でダメ。IE使えよってことか。議事録とかの内容そのものをブラウザで閲覧できないってのはどうかと思うが、法的な部分で無理なのかどうかはわからない。デジタルギャラリーというのもあって、そちらは図画や絵巻をブラウジングできるようになっているが、まだ開設したばかりでコンテンツの絶対量は少な目。とはいえこうした公的資料を目録レベルでもネットで比較的簡単に検索できるようになったというのは一定の評価をすべきかと思う。今後のサービス増強に期待。

Googleが「ツールバー 3 ベータ版」を公開

 最近、あんまりIE使ってないからなー。
 でもまあ、取り敢えずダウンロードしとくか。

東シナ海ガス田:難しい対中交渉 共同開発も模索

 ナメられてるんだから一発ガツンとかましとけ。
 共同開発とか言ってないで先に採掘始めてガンガン抜き取って干上がらせちゃえよ。こんなもんは早い者勝ちでしょうに。

仙台でトラック暴走、2人死亡

 「二、三日前に千葉から来た。死ぬつもりで人をはねてきた。車の中で灯油をかぶって火を付けた」とか言ってるそうだが、死にたいなら独りで誰にも迷惑かけずに氏ね。他人を巻き込むな。裁判所は本人の望むように死刑判決を出すように。ただし、遺族への補償を終わらせてから。内蔵摘出でも人体実験でも受けてきっちり金つくってから氏ね。悪意をもって他者の人権を蹂躙したヤツに人権なんぞあるもんかと言いたい。

万引告白女性タレントが復帰へ

 そうですか。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

雲のむこう、約束の場所

自主制作アニメ、「ほしのこえ」The voices of a distant starで鮮烈なデビューをした新海誠。当時このアニメが実質的にたった一人で制作されたと聞いて驚愕したものだが、彼の紡ぎ出す叙事詩的な世界観にいたく共感したのを覚えている。
その彼が初の長編映像に挑んだのが本作品。

雲のむこう、約束の場所
新海誠 吉岡秀隆 萩原聖人 南里侑香

by G-Tools

ストーリーラインや解説などは写真のリンク先や公式サイトをみてもらえばある程度わかってもらえると思うので端折るが、実はこの作品を昨夜、床に入りながら見ていて途中で寝入ってしまった。
別につまらなかったからというわけではなく、まどろみながら途切れ途切れに入ってくる映像と、モノローグを主体とする音声というバランスが実に心地よかったのだ。翌朝、起きてから記憶を頼りに続きを見て、さきほど見終わったのだが、小さな清冽な感傷が余韻としてまだ残っている。

これはたぶん、重厚な世界観が裏打ちされたうえで、主人公達の心象風景に軸足を置いた作り方による所が大きいのかもしれない。映像そのものも、現代製作されたものとしては一級のものであることは間違いない。そのうえで、抑揚を押さえた主人公達の語り口が妙に心地よく、この作品に触れるものの心にそれぞれのイメージを湧き起こさせているような気がする。
作中にはちょっと難解なSF的要素もあるのだが、杓子定規に捉えずに主人公達の心の動きをトレースするように見ていただくと僕の書いたことをいくらか判ってもらえるかもしれない。

理想としては、いちど通しで見てもらったうえで、音声のみを再び聴くという感じだろうか。

映像作成に携わった人に失礼かもしれないが、この映像を土台に、いまいちど自分の中で音声をベースに世界観を再構築してみたいと思わせる作品でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

新年度ということで

4月1日でございます。

新年度でございます。

新しい門出に立つ人も多かろうと思われますが、私としましては本日、まことに悔やまれることがございました。

エイプリルフールのネタを仕込み忘れました。

_| ̄|○
_| ̄|○
_| ̄|○
_| ̄|○
_| ̄|○
_| ̄|○
_| ̄|○
どうでもいいネタですいません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »