« 実写版「魔女の宅急便」? | トップページ | 女なしのほうが幸せな57の理由 »

これは新たなる偽装工作のネタとなるのか?

IEよりは安心という謳い文句もあったMozilla系ブラウザですが、なにやら盲点が見つかったようです。

Mozilla/Firefox/Operaなどに国際化ドメイン名の盲点をついたURL偽装の問題
(gooニュース/インプレス)

どうやら国際ドメイン名(IDN)を利用して巧妙に本来とは違うサイトへと導くフィッシング詐欺の材料となりそうな気配。日本語ドメインもその餌食となるのかもしれない。

日本語だと誤認しやすいのってどういうのがあるかな、例えばカタカナの「ク」と「ワ」はわりと読み違えやすいし、カタカナの「ル」は「ノ」と「レ」を組み合わせて「ノレ」と書けば読めないこともない、とかいうのがあるかもしれない。
「ハウルの動く城.jp」を「ハウノレの動く城.jp」とかいう偽装ドメインができちゃったりして。
(「ハウルの動く城.jp」というドメインは存在しません。ちなみにFireFoxで「ハウルの動く城」とURL欄に記入するとヨミウリ・オンラインのページにジャンプします)

ただまあ、日本語ドメインというのはほとんど使われてないようなのでそれほどは心配しなくてもいいのかもしれないねえ。

|

« 実写版「魔女の宅急便」? | トップページ | 女なしのほうが幸せな57の理由 »

「ニュース」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15430/2865574

この記事へのトラックバック一覧です: これは新たなる偽装工作のネタとなるのか?:

« 実写版「魔女の宅急便」? | トップページ | 女なしのほうが幸せな57の理由 »