« H2A最終燃焼テストに成功 | トップページ | おはようございます »

クジラの竜田揚げ

子供の頃、学校の給食メニューに定期的にあがっていたものがあった。

「クジラの竜田揚げ」
あまり美味しいという記憶はないのだが、部位と調理次第では絶品だという。

捕鯨問題が浮上してからは日本でも嘱されることが激減したのだが、このたび20年ぶりに和歌山の学校で鯨肉メニューが復活したらしい。

<雑記帳>給食に鯨肉 和歌山県内の小中学校
(インフォシークニュース:毎日)

和歌山といえば、伝統的な鯨漁が行われていた地方。
その伝統を後世にも伝えようということで鯨肉メニューの復活と相成ったようだ。

最近は捕鯨問題に関するニュースもほとんど見かけないのだが、いまでも西欧諸国の根強い抵抗感と戦っている状態は続いているのだろうか。鯨肉は日本の伝統的な食文化なのだし、環境への影響がクリアになれば、あとは捕鯨に反対する勢力をいかに説き伏せるかだが、なんというか感情的に「反対」と唱える国(フランスとか)も少なくなかったように思う。もうそういうのすっ飛ばしてわがまま通してもいいんじゃねえの、と思ったりもするんですがどうでしょうかねえ?

|

« H2A最終燃焼テストに成功 | トップページ | おはようございます »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15430/2565143

この記事へのトラックバック一覧です: クジラの竜田揚げ:

« H2A最終燃焼テストに成功 | トップページ | おはようございます »