« デイ・アフター・トゥモローは予言書なのか? | トップページ | 洋画コメディは吹き替えで観るべし! »

石坂啓「アイ’ムホーム」がドラマ化

石坂啓さん、わりと好きな漫画家さんです。
彼女の作品が今回、NHKでドラマ化されるそうで。

石坂啓/アイ’ムホーム 上下巻

事故で過去5年間の記憶をなくしてしまった主人公。
どうやらその間に離婚→再婚。そのどちらにも子供がいるらしい。現在の「妻」と「子供」は主人公にとってはどうしても他人に見えてしまい、前妻とその子供こそが自分にとっての「家族」であると思えてしまう。
なくした記憶をとりもどすべく、主人公は暗中模索する。出会う人々との会話の中で主人公が記憶をなくす前の人間像が少しずつみえてくるのだが、その「過去」と現在とのギャップに悩まされる・・・

ふだん、ドラマはほとんど見ないオイラですが、これは見てみようかと思います。原作はわりと面白かったし。
原作のマンガでは、新しい家族の妻子は仮面をかぶっていますが、さすがにドラマとなるとそうもいかないか。そのあたりの処理や結末への導き方にちょっと注目して見てみようかと思います。

ドラマの情報はこちらをどうぞ。
NHKドラマ「アイ’ムホーム」公式サイト

|

« デイ・アフター・トゥモローは予言書なのか? | トップページ | 洋画コメディは吹き替えで観るべし! »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15430/1943588

この記事へのトラックバック一覧です: 石坂啓「アイ’ムホーム」がドラマ化:

« デイ・アフター・トゥモローは予言書なのか? | トップページ | 洋画コメディは吹き替えで観るべし! »