« 録画失敗・・・ | トップページ | 月刊「バーサス」表紙は琢磨 »

F1最終第18戦ブラジルGP予選

2004年のF1もいよいよ最終戦。

圧倒的なフェラーリの強さばかりが目に付いた1年でしたが、最後までその傾向は変わらない様子ですねえ。

最終第18戦ブラジルGP予選結果
(トーチュウ F1エクスプレス)

予選リザルトはこちら

予選の一番時計は悲願の母国優勝を狙うバリチェロ。
これまでどういうわけか母国では良い成績が残せていないだけに、今年こそはという意気込みが伝わってきます。対して僚友の顎の兄貴は8番手、しかしフリーセッション中にクラッシュによるエンジン交換のためそこから更に10番手下がったグリッドとなるようで、今回は跳ね馬のワンツーは難しいかも。でもなあ、今年のフェラーリはとんでもなく強いからわからん。

琢磨はバトンに続いて6番手とまずまず。
驚きはザウバーのマッサが4番手というポジション。よほど燃料を少なくしてアタックしたのか?

見所はやはり、バリチェロの悲願達成となるか、ですな。

|

« 録画失敗・・・ | トップページ | 月刊「バーサス」表紙は琢磨 »

「モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15430/1759390

この記事へのトラックバック一覧です: F1最終第18戦ブラジルGP予選:

» ブラジルGP予選2回目!! [ROCKLOVE.NET]
TOP10 1. R.バリチェロ フェラーリ B 1'10"646 219.579 Km/h 3 2. J-P.モントーヤ ウィリアムズ M 1'10"8... [続きを読む]

受信: 2004.10.24 13:15

« 録画失敗・・・ | トップページ | 月刊「バーサス」表紙は琢磨 »