« F1第15戦イタリアGP予選 | トップページ | もしかしたら・・・ »

F1第15戦イタリアGP決勝

さてさて、イタリアGPの決勝。

今回は基本的にLTでおなかいっぱいでした(笑)。
琢磨は最終的には4位でフィニッシュしたのですが、なんか悔しい想いが残りました。
でも、数年前なら4位フィニッシュなら狂喜乱舞しただろうに、琢磨だと4位では不満というのは、それだけ琢磨が表彰台に上れるドライバーであるという意識があるがためのものだと思うのです。

第15戦イタリアGP決勝
(トーチュウ F1エクスプレス)

決勝のリザルトはこちら

展開としては非常にわくわくするものでした。

レース開始直後にM・シューマッハが痛恨のスピンで大きく後退!
これが結果的にレースをとてもエキサイティングなものにしました。

例えとして適当かどうかは判断の分かれる所ですが、なんだか去年のMotoGPのカタロニアでロッシがコースアウトしてからの怒濤の追い上げを彷彿とさせられた感じです。
事実、顎の兄貴はバリチェロをもしのぐタイムでガッツンガッツン追い上げまして、これをいかにして押しとどめるか、各ドライバーの動きが面白かったですね。でも結局はすべて蹴散らされてバリチェロの後ろでゴールしちゃいました。琢磨も新聞のインタビューで「異次元」という表現を使っているように、フェラーリだけがなんだか別カテゴリーで走っているかのような錯覚を覚えました。

当分はフェラーリの天下は揺るぎないのでしょうが、上海→鈴鹿とアジア圏ではぜひとも琢磨にもっとエキサイティングな走りを見せてもらいたいもんです、ハイ。

|

« F1第15戦イタリアGP予選 | トップページ | もしかしたら・・・ »

「モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15430/1428729

この記事へのトラックバック一覧です: F1第15戦イタリアGP決勝:

« F1第15戦イタリアGP予選 | トップページ | もしかしたら・・・ »