« MotoGP第4戦イタリア予選初日 | トップページ | ケーキは御法度? »

ロケットとミサイル

昨日、CNNサイトを見ていたら、二つの記事に目がとまった。

米民間宇宙飛行コンテスト、高度「百キロ」に挑戦へ
(CNN:サイエンス)
中距離ミサイル実験に成功 パキスタン
(CNN:ワールド)

片方は「ロケット」、もう片方は「ミサイル」と称している。
はたしてこの違いはなんだろう?

ロケットもミサイルもドカーンと打ち上げるモノというイメージがあるけど、僕の個人的な感覚としては、ロケットは学術的・経済的な目的で使われるもので、ミサイルは兵器というような捉え方をしていた。

でも、ちょっと調べてみると、どうやらその境界線はかなり曖昧な感じで、ワーバードという航空機関連の情報サイトにあるAns,Q(誰か教えてくれぇ)にある二つのQ&Aに少し詳しく載ってました。

ミサイルとロケットの違いを教えて下さい。
ミサイルの定義ってなんでしょうか(基本的な事ですみません)

この中でいちばんしっくりくる回答はこんな感じでした。

ロケットやミサイルは、比較的馴染みやすい兵器用語ではありますが、実際、この用語は混同して使われているように思われます。

ロケットとは、自蔵している燃料が途中で燃え尽きるか、あるいはエンジンの機能が止まってしまい、その後の惰力で飛翔体が通常の放物線を描くものです。
一方、ミサイルは誘導弾を指す場合が多いが、元々は、手あるいは何らかの仕掛けによって投射されて、遠方の目標に打撃を加える兵器または物体であります。


できるだけ区分するならこんな感じでしょうね。

でも、ロケットが兵器的な用語として使われていないのかというとそうでもないようで、ロシアではICBMを「戦略ロケット」と称していますし、ドイツのATMという兵器は「ヤークト・パンツァー・ラケーテ(ドイツやロシアではロケットをラケーテ)」という呼び方をするようです。
兵器としてロケットという単語が出る場合は「ロケット」という意味が強いように思う。
「ロケット」と「ロケット弾」を区別すればいいのかもしれない。

とはいえ、ミサイルとロケットという二つの言葉は、厳密にわけることが難しいようです。
ただ、少なくともミサイルは兵器以外の用語としてはあまり扱われてないような感じなので、アポロや日本のH2Aなんかは普通に「ロケット」と呼んでおけばいいんだろうか。

結論としては、明確な境界線は無い、というこですかねえ・・・?

余談だけどその昔、マジンガーZというアニメが大好きで見ていたんだけど、そこでもこの二つの言葉が混同されて使われてたように記憶してる。マジンガーの拳が飛び出して相手に打撃を与える攻撃を「ロケットパンチ」、そのロケットパンチが出たあとに腕の中から飛び出す兵器を「アームミサイル」と呼んでて、どっちなんだという感じでした。
そういえば女性型ロボのアフロダイAが胸から飛び出すのは「オッパイミサイル」(笑)。

|

« MotoGP第4戦イタリア予選初日 | トップページ | ケーキは御法度? »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15430/714403

この記事へのトラックバック一覧です: ロケットとミサイル:

« MotoGP第4戦イタリア予選初日 | トップページ | ケーキは御法度? »