« 電車男でウルウル | トップページ | 勇気と想像力 »

MotoGP第4戦イタリア予選最終日

MotoGP第4戦イタリア予選最終日が終了。

セテの初日のタイムが結局ポールタイムとなりました。
セテ、速すぎ!

中野も10番手と健闘~ジベルノーが2戦連続PP
(トーチュウ F1エクスプレス)

ジベルナウが2戦連続ポールポジション奪取
(MotoGPオフィシャルサイト)

リザルトはこちら

今回の予選では、ワークスホンダの二人が頑張りましたね。
ヘイデンが2位、バロスが4位というのはワークスライダーなら常時このポジションで当たり前ですが、セテのいるテレフォニカチームとはほとんど同じマシンらしいし、最終的にはセットアップとライダーの技量でしょう。
今回のセテのタイムは圧倒的ですが、それを除けば11位のチェカまでが1秒以内。マシン性能に関してはホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキ、そしてドゥカティもわずかな差でしかないと思います。とはいえその「わずかな差」が決勝レースでは結果的にタイム差として大きく出るわけですが・・・

シーズン前のインタビューで、カワサキの関係者が「トップタイムから1%以内のタイムを目標にしている」ということを語ってましたが、予選段階ではその目標は達成されているようです。あとは安定して速いタイムを出せるマシン作りが肝になってくるのでしょうかね。

ところで今回は日本のモリワキがワイルドカードで参戦しています。
予選タイムはいかんともしがたい所ですが、データもない状態であきらかにフル参戦チームとはハンデがあり、いくらHRCからV5エンジンを供給してもらっているとはいえ、上位に絡むのは容易ではないでしょう。ここでどれだけ収穫があるかがモリワキの課題かと。

さて、時々拝見させていただいている、Web39 Blogの”イタリアGPは特別?”というエントリーでイタリアGPでの特別なアクションというのを述べられていて興味深かったです。こういうことってロッシが率先してやりそうだけど、今回はビアッジが話題をさらいましたね。しかし、写真のツナギって白が多すぎて作りかけみたいに見えるのはオイラだけでしょうか?

おまけ写真

エドやん、あんた何やってんの?

|

« 電車男でウルウル | トップページ | 勇気と想像力 »

「モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15430/718734

この記事へのトラックバック一覧です: MotoGP第4戦イタリア予選最終日:

« 電車男でウルウル | トップページ | 勇気と想像力 »