« ガイシュツしまつ | トップページ | 最近読んだコミック »

MotoGP第2戦へレス決勝

MotoGP第2戦へレス決勝が終了した。

リザルト

コースコンディションは、予想どおりのウェット。
優勝はセテ、次いでビアッジ、バロス。ホンダが表彰台独占です。
しかし、昨日予想したケニロバと中野は8,9位か・・・外れたなあ。
中野は初戦といい今回といい、スタートが課題だなあ。
セテは自国開催での優勝ということで、喜びもひとしおでしょう。

しかし、ロッシが遂に連続表彰台を逃したのは大きなニュースだと思う。
ただ、ロッシ自身もヤマハへ移籍した段階でこういう結果がいずれ出るだろうことは予想できたはず。
本人もレース後はさばさばしてたし、あまりこだわりはないのかもしれない。

さて、オイラが今回のレース結果から見る注目点は3つ。

一つ目は、ビアッジの意外なほどの雨での強さ。
今年のビアッジは、初戦から安定した速さを見せていた。
そうした流れが功を奏したのか、セッティングがキチンとできていたのか、今回のような雨でも充分にトップ争いができることをアピールした。
ただ、惜しむらくは相変わらずのミスの多さだねえ。
一度はセテを抜いてトップに立ったものの、ミスにつけ込まれあっさりと2位に下がってそのままゴールした。
ビアッジはもうベテランと言っていいキャリアもあるんだし、もっと円熟味を増したしたたかなレース運びを見せてもらいたいもんです。

二つ目は、マルコ・メランドリの奮闘。
今回のヤマハ勢の中で、最も速かったのは、メランドリだったろう。
悔しいのはレース中盤でのコースアウトによるリタイヤだ。
リタイヤ直前までは、3位を走っていただけに、余計に惜しい。

三つ目は、ハリスWCMの10位入賞。
WCMって、いつも最下位グループで予選の規定タイムすらクリアできるかどうかという弱小チームだけど、雨ともなればパワー差も解消されて、やり方次第ではここまで上ってこられるということだ。
逆に言えば、雨が降らない限り入賞できないチームでもあるんですがねえ(笑)。
それでも、結果は10位入賞です。チームとしても今後に気合いの入ることでしょう。

まあ、どれもオイラが予想してないことだったからですが(笑)。
それでも、表彰台にからむライダーがこれだけ多くいるってのは、見る側としてはあれこれと思案をめぐらしつつレースを楽しめるという意味で、F1の顎独裁状態と比べれば遙かに面白いです。

|

« ガイシュツしまつ | トップページ | 最近読んだコミック »

「モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15430/534171

この記事へのトラックバック一覧です: MotoGP第2戦へレス決勝:

« ガイシュツしまつ | トップページ | 最近読んだコミック »