« 大荒れモナコ | トップページ | 銀河のニアミス »

F1第6戦モナコGP決勝

F1第6戦モナコGPが終了。
近年希にみる大荒れのサバイバルレースだった。

波乱を制しトゥルーリ初優勝!
(racing-live.com)

スタートで琢磨がM・シューマッハにタイヤをぶつけながら猛烈なダッシュで7番グリッドから一気に4番手で第1コーナーに飛び込んだ時は鳥肌モンでした!
しかーし!

3週目に琢磨はエンジンブローでリタイヤ・・・_| ̄|○
タクマぁ・・・

その琢磨がブローした際に大量の白煙が上がり、後続のクルサードとフィジケラがクラッシュ。フィジケラのマシンはひっくり返った状態だったのが印象的。
これ以降、レースは大波乱のサバイバルレースへと突入していきましたな。

42週目には2位だったアロンソが周回遅れのR・シューマッハをパスしようとしてトンネル内でガードレールに激突。スピンしながらトンネルを出てきてリタイア。このスピン中にアロンソがクラッシュの原因と見なした弟シューに対して「ふぁっくゆー」してたのがちょっと笑った。でもスピン中でもそんなことできるなんてさすがはプロドライバー。
アロンソのクラッシュでセーフティカーが導入されている時に、今度は兄シューがブレーキミスで後続のモントーヤに追突されてまたしてもトンネルでクラッシュ。兄シューは史上初の6連勝がかかってただけに残念だったね。

結局、予選でPPをとったルノーのトゥルーリが優勝。2位にはB・A・Rホンダのバトン、3位にフェラーリのバリチェロが入った。
決勝参加20台のうち、半分の10台がリタイアするという、見てる側とすれば目の離せない内容でした。

リザルト

琢磨は不運に見舞われたけど、次でまた頑張ってもらいたいです。

|

« 大荒れモナコ | トップページ | 銀河のニアミス »

「モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15430/643739

この記事へのトラックバック一覧です: F1第6戦モナコGP決勝:

« 大荒れモナコ | トップページ | 銀河のニアミス »