« Winnyウォッチ(05/19) | トップページ | カンヌで大絶賛!「華氏911度」 »

変化をどう受け止めるのか

たまにはニュースとかのネタなしで書いてみよう。

僕の仕事場には時々、別の業務を主にしている人が来て仕事をしたりする。うちにある機材が必要なのでそうしているわけだが、彼にとってそれは本来の業務とは違うことなので、あくまでも臨時の仕事(非定常業務)という意識でやっている。契約社員として働いているので、そういう意識が強いのだろう。
今日も彼が僕の仕事場でその非定常業務をしているときに、上司がやってきて翌日の仕事内容について説明していたのだが、その仕事が非定常業務の度合いのより強い内容だったので、彼が意義を唱えた。

「これはもう、うちの仕事じゃない、(僕のいる)こちらの仕事だ」
しかし上司は
「これはあくまでも君の部署の業務であって、そのために非定常業務の度合いが強くなったからといって、君がやらなくてもよいというわけにはいかないのだ」
彼も簡単には引き下がらない
「私はこういうことをするためにこの会社に来たんじゃない」
上司も切り返す
「仕事は常に変化するのだ。これまでどおりの仕事ばかりではないのだ」

どちらも一理ある。

世の流れに違わず、僕の勤める会社でも業務改善や組織再編が進んでいる。そのため、従来のままの勤務内容では対応できない場面も出てきている。いきおい、これまでやったことのない仕事を仰せつかることも、ままある。事実、僕の仕事もこれまでにはなかった内容が追加され、いまではそれが日常のものになっているものもある。
そういった「変化」をどれだけ人は許容できるのだろうか。あるいはどう租借するのだろうか。

生き残りをかけて、どの企業も必死だ。
リストラ、業務提携、アウトソーシング、分社化・・・。バブル崩壊以降に登場した言葉は数え切れない。ただ、その言葉の大半が、働く人にストレスを与えるものが多いのは何故だろう。これまでが優遇されすぎたのだという意見もある。だがそれにしては、現代の働く人の顔があまりにもくすんではいないか。

働く人がいてこその企業だ。
お客様に喜んでいただくのはもちろんだが、その企業で働く人が笑顔でなければ、最終的には良い企業として生き残れないのではないか。とはいえ、この程度の理論は経営層であればすでにわかっているだろう。働きがいのある職場つくりなり、保証制度なり、報酬制度なりを模索しているのだとは思う。だが、そうしたものが見上げるものからは意外と見えにくいのも事実だ。

トップダウンだけでもなく、ボトムアップだけでもなく、互いの主張をごり押しするばかりでもなく、相互に誠意をもって意見の交換ができれば、その組織はより健全に機能すると思う。
そうした土壌はたやすくは出来上がらないだろが、模索するだけの価値はあると僕は信じている。

|

« Winnyウォッチ(05/19) | トップページ | カンヌで大絶賛!「華氏911度」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15430/617081

この記事へのトラックバック一覧です: 変化をどう受け止めるのか:

« Winnyウォッチ(05/19) | トップページ | カンヌで大絶賛!「華氏911度」 »