« 自業自得? | トップページ | 助けてみたら・・・ »

非難と激励、そして自己責任

イラクで人質にされていた3邦人が解放された。
3邦人バグダッドで解放、日本大使館で保護 (読売新聞)

ひとまずはドバイへ出国して現地で家族と合流して帰国する見通しになっているらしい。
まずは無事に解放されたことを喜びたい。

今回の人質事件については様々な事柄が噴出してきた。
ファルージャでの米軍と反米勢力との戦闘、泥沼化するイラク国内の治安状況、それらにつられるような外国人の拉致事件の数々。日本人の人質もそうした状況のなかのひとつで、あとから拉致された2人の邦人ジャーナリストもそうだろう。
そして、拉致された3人やその家族に対する激励や非難も多数あった。

今朝のみのもんたの番組の情報では、北海道東京事務所には激励と非難が3:1の割合で寄せられたそうだ。
僕は過去のブログで匿名で中傷する連中を断罪したわけだが、非難の全てが的はずれだったとは思ってなくて、彼らの行動については全面的に賛同はできないと思っている。
イラクの状況については普通の人よりも重大な関心をもっていた彼らは十分に承知していただろう。
しかし、自らの使命感によって現地入りした結果、武装グループに拉致され、日本中で大騒ぎになった。
政府も多数の人員を投入してこれにあたった。これは当然のことなのだが、国が動くということは当然ながら税金が投入されるということだ。

ひとまずは解放されたということで日本中が安堵したが、その直後から「自己責任」という言葉が頻発されるようになってきた。
退避勧告がでているイラクへ入って酷い目にあったって、アナタそれは自分で責任とりなさいよ、ということだ。
まあ、それもわからなくもない。
ただ、それについては彼らは初めからそのつもりだったかもしれない。拉致された彼らは外部の情報はほとんど入らなかっただろうから、日本で自分達に関してこれだけの大騒ぎになっていることなどわかるはずもない。
日本で待っていた家族が錯綜する情報に翻弄されて感情的な一面をみせ、非難囂々だったことをみれば、ロクに事情を飲み込めない彼らが世間の感情を逆撫でする発言を、そういった意識もなく発せられるのは容易に想像できる。
かつて、96年末に起きたペルー公館立てこもり事件で、ようやく解放された後の記者会見で開放感からうっかりタバコをふかしてしまった青木盛久氏に対する激しいバッシングを思い出す。
彼らについては、そういった彼ら自身がおかれてきた状況をふまえた上で、発言についてはある程度「割引き」した見方をしないといけないだろう。

ただ、世論を受けてなのか、解放された3人については一部費用を負担してもらう可能性もあるという報道もあった。
経費一部は本人側に請求 イラク人質事件で外務省 (共同通信)

まあ、これだけ日本で大騒ぎになり、多額の税金も使われたわけだ。
そういう声もでてきてもおかしくはないだろう。先に言った「自己責任」のからみでもあるんだろう。
今の日本では、税金の使われ方にはかなり敏感になっている感じもあるし。この程度は彼らも受け入れなければならないのかもしれない。

ああ、オイラも世論に流されてるのかねえ・・・

・・・と、この記事を書いている途中で速報が入ってきた。
別件で拉致された2邦人ジャーナリストも解放されたらしい。よかったね。
イラクで拉致の日本人2人解放…ロイター報道 (読売新聞)

|

« 自業自得? | トップページ | 助けてみたら・・・ »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15430/453545

この記事へのトラックバック一覧です: 非難と激励、そして自己責任:

» 今週の丸激 政府に迷惑をかけて何が悪いのか 「自己責任論」を斬る [Videonews-Jimbo Blog]
番組概要   番組サンプル マル激トーク・オン・ディマンド 第160回 [4月16日収録] 政府に迷惑をかけて何が悪いのか 「自己責任論」を斬る... [続きを読む]

受信: 2004.04.18 00:32

« 自業自得? | トップページ | 助けてみたら・・・ »