« 面白いF1って?(3) | トップページ | ブルース・ブラザース »

面白いF1って?(4)

さてさてさて、マシンそのものの造りに関しては述べたので、お次はレースの運営方法についての私見を。

■予選はギリギリアタック!

・1回のみのアタック方式を廃止
・ポールポジション獲得ポイント
・PP獲得者にグリッド選択権

予選での真剣なアタックを期待するためには予選で頑張るメリットがないといけない。
1回のみのアタックではミスした時に取り返しがつかない。時間内であれば何度かセッティングを詰めてアタックすることができた方が予選中からシビアな戦いが見られる。
決勝リザルトの他に予選でもポイントが得られるとなれば死にものぐるいでやるだろう。また、コースによってはスターティンググリッドがPPの方が不利ということもあるから、PP獲得したドライバーに好きなポジションを選べる権利をあげるといい。

■決勝はガチンコバトル!

・ピットロードの速度制限強化
・抜きやすいコースレイアウトに

抜きつ抜かれつのドッグファイトこそモータースポーツの醍醐味だというのは前述したとおり。
ではどうすればいいのか?
まずはピットインのメリットを少なくすることだろう。ピットレーンの速度制限は昨年の80km/hから今年は100km/hに変更されたが、これを元に戻す、あるいはもっと下げる。タイヤ交換はOKにして、そのかわりタイヤ交換に関われるピットクルーの人数を制限する。インパクトレンチの個数制限をして1人で2本のタイヤを交換しなくちゃいけないとかすればピットインタイムは伸びるだろう。
あとはオーバーテイクをもっとやりやすいレイアウトへの変更を。既存のサーキットならコース幅を広げるとか、直線を長くするとかいろいろあると思う。ただ、モナコは変更しにくいかもね・・・

いろいろと好き放題に書いたけど、要は「抜きつ抜かれつのガチンコバトルが見たい」ということです。

あと、マシンの電子デバイスについてはいろいろ意見の別れる所だと思うけど、安全面の向上やドライバーへの無用の負担軽減に繋がり、エンターテイメント性を損なわないものであればいいと思う。あまりにもハイテク禁止にしちゃうとただのローテクマシンのレースになってしまいかねないしね。

まだ細かいことはいろいろあるけど、キリがないのでこれくらいにしときます。
シンプルにわかりやすく、面白いF1になることを願っております。

|

« 面白いF1って?(3) | トップページ | ブルース・ブラザース »

「モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15430/510862

この記事へのトラックバック一覧です: 面白いF1って?(4):

« 面白いF1って?(3) | トップページ | ブルース・ブラザース »