« ヤフーBBとジャパネットたかた | トップページ | 太陽系第10惑星「セドナ」 »

イノセンスの興業成績は、と・・・

さて、3月6日から公開された「イノセンス」。
コアなファンには絶大な支持を集める押井監督作品だが、一般のウケはどうなのだろうと思って、オールシネマオンラインというサイトを見てみた。

オールシネマオンライン

こを見ると、3月9日付けの成績だと、おお、トップ5だよ。
これはオイラにとってはけっこう意外だった。
もっと低いのかと思ったけど(失礼)。

でもまあ、このインセンスはあちこちで前宣伝をかなりやってたから前作よりは格段に人の目に触れる機会は多いんだと思う。

読売新聞の金曜日夕刊に「ジブリの挑戦」という連載記事がある。
基本的にスタジオジブリに関する記事が掲載されるのだが、ここしばらくは「イノセンス」がらみの記事で統一されている。
これはまあ、ジブリが協力しているということから納得。
その記事で、イノセンスの宣伝を多くの企業が無償で実施しているということを知って驚いた。
てっきり、協賛金なんかを受け取ってやっているのだとばかり思っていた。
それによると、企業の宣伝担当者がかなり積極的に動いていることが伺える。
映画が好きで、でも映画に携わる仕事につくことのなかった人が、こういう機会に好きな映画をせっせと宣伝しているのだそうだ。
情熱をもって作られた映画に少しでも関わっていたいという思いなのかもしれない。
そういう気持ちって、少しうらやましい。というか、そういうことができるのが、うらやましいのだろう。

仕事であれ、趣味であれ、自分の好きなものに少しでも多く携わりたいという気持ちは誰にでもあると思う。
でも、大半の人は外側からしか関わることができない。
オイラもなにか、そういうことに携わることができたら、きっと毎日がもっと楽しいだろうと思う。

ああ、なんだかショッパイ文章になっちゃった・・・まあ、たまにはいいか。

|

« ヤフーBBとジャパネットたかた | トップページ | 太陽系第10惑星「セドナ」 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15430/309897

この記事へのトラックバック一覧です: イノセンスの興業成績は、と・・・:

« ヤフーBBとジャパネットたかた | トップページ | 太陽系第10惑星「セドナ」 »