« 太陽を盗んだ男 | トップページ | バナナは1時間 »

大量破壊兵器はない

アメリカのイラク調査団長が辞任した。
大量破壊兵器は「無い」という結論に達したかららしい。

米英がイラクを攻撃した最大の理由が「大量破壊兵器の脅威」だった。
その大前提が、これで崩れてしまったということになる。
ブッシュは振り上げた拳の降ろし所を必死で取り繕っている。

フセインは確かにトンデモ首長だったが、ブッシュにしたところであがめられるほど偉大でもない。
大儀なき戦争は、のちにどう評価されるんだろうか・・・?

それでも、被害をうけた当のイラク国土や国民は復旧・復興をしなくちゃならない。
そのための支援として、日本の自衛隊も派遣された。
派遣の是非はいまも議論されているが、実際に現地で活動する自衛官にはぜひとも頑張ってもらいたい。
奪うための兵力ではなく、活路を見いだすための兵力なら、そう邪険にもされないだろう。

米イラク調査団長辞任、大量破壊兵器はないとの認識表明

|

« 太陽を盗んだ男 | トップページ | バナナは1時間 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15430/131682

この記事へのトラックバック一覧です: 大量破壊兵器はない:

« 太陽を盗んだ男 | トップページ | バナナは1時間 »